プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

1分足ダウが長期に同調し、スキャルピング:2015/3/27

   

こんにちは。

先週末のドル円のスキャルピングを振り返りたいと思います。

 

4時間足です。

150327scalUSDJPYH4

 

1時間足です。

150327scalUSDJPYH1

 

4時間足、1時間足共に売りダウです。

 

1分足のダウの切り替えポイントをブレイク後の戻しを待ち、

再度売りの方向に動き始めたところを狙います。

エリオット波動3波狙いです。

 

150327scal2USDJPYM1

売り転換後の戻しを待ち、最後の陽線2本分の安値をブレイクしたところで、

エントリーしましたが、1回目のエントリーはロスカットとなりました。

 

ロスカットになったローソクが結構大きかったのですが、

そのローソクを丸々否定する動きが出ましたので、

再度売りエントリーしました。

 

ギリギリストップにかからず、こちらはターゲットに到達しました。

 

1分足はすぐにダウが切り替わるので、なかなか難しいですが、

少しずつでもスキャルピングの腕も磨いていきたいと思います。

 

スキャルピングでも、デイトレでも、スイングでも、

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論でのトレードは変わりません。

 

一緒にプライスアクショントレードを学んで、自分の頭で考えるトレードをしていきませんか?

全部自分の責任ですから、誰のせいにも出来ません。

だからこそ、トレードにストレスがなくなると思います。

一生涯使える技術が身に付きます。

 

>プライスアクションを学べる本物の教材についての記事はこちら

>コンテンツ一覧はこちら

 - エントリー戦略, ダウ理論, ローソク足分析