プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

ダウの一致、大きい陰線の包み足でスキャルピング:2015/3/18

   

こんにちは。

昨日もスキャルピングしてみましたので、シェアしたいと思います。

通貨はGBPUSDです。

 

方針としては、昨日書いた内容と同じで、

4時間足、1時間足のダウ方向の一致、

それに逆行していた1分足のダウが同調するポイントのブレイクを待つ。

そして、そのブレイクポイントでのロールリバーサルを狙う、というものです。

 

実際のチャートです。

4時間足です。

150318scalGBPUSDH4

赤丸のところが、4時間足レベルでの売りダウが崩れるポイント、

つまり、安値の直前につけたSwing highです。

 

1時間足です。

150318scalGBPUSDH1

赤線がひいてあるポイントが、1時間足レベルでの売りダウが崩れるポイント、

安値の直前につけたSwing highです。

プライスはこのポイントより、下にありますので、4時間足のダウと、1時間足のダウは、

同調している、ということになります。

 

最後に1分足です。

150318scalGBPUSDM1

赤線のポイントが、今まで1分足レベルでは買いダウだったのが、崩れるポイント、

1分足レベルでのSwing lowだったポイントです。

 

ここをわずかですが、ブレイクしたので、売りへ転換しましたが、その後すぐに戻しました。

落ちてこないので、このまま1分足レベルでは買いに転換かな?と思ったのですが、

その直前で、陽線2本分を否定する大きな陰線、包み足が出ました。

ここで売りエントリーです。矢印のついたローソクです。

 

×印のところが、ストップ、

チェックマークのところがターゲットでした。

リスクリワードは1:1です。

 

もみあいながら、なんとか下落しましたが、あと0.4pips届かず。。

1分足レベルでの売りダウが崩れたポイントで、決済です。

2.9pipsです。

最大含み益は、11.1pipsでした。。

 

まあ仕方ありません。

やっぱりスキャルピングには、もっとスプレッドが狭い通貨がいいんですね。

 

薄利ではありましたが、よいトレードだったと思います。

 

ダウ理論、ローソク足、プライスアクションのトレードは、ストレスがありません。

シンプルですし、買っても負けても、全て分析した自分の責任ですからね。

でも、これ以外ないと、私は思っています。

 

インジケーターのトレードに迷いがあるなら、是非一緒にプライスアクショントレードを学んで、

シンプルにトレードしませんか?

きっと結果が出ると思いますよ。

 

>プライスアクションを学べる本物の教材についての記事はこちら

>コンテンツ一覧はこちら

 - ダウ理論, トレード日誌, ローソク足分析