プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

指標発表後、ロールリバーサルで戻り売り:2015/2/6

   

こんにちは。

昨日の雇用統計で、USDJPY爆上げしましたね。

 

僕は、雇用統計後、EURUSDをチョロっとトレードしました。

EURUSDは一旦下げた後に、戻し、再度一旦付けた安値をブレイク。

その後の戻りを狙いました。

動きが早かったので、1分足を使いました。

150206EURUSDM1

1.1350付近が一旦付けた安値です。

チャートの真ん中あたり、そこをブレイクしましたので、ロールリバーサル狙いです。

 

ブレイクポイントまで戻って来ましたが、高値を更新せず、下落を始めました。

最後の陽線の安値をブレイクしたので、売りエントリーです。

矢印のローソクです。

 

ストップは、ブレイクポイントまで戻った時の高値のチョイ上、

ターゲットはR:R=1:1のところに設定です。

 

ストップギリギリまで逆行しましたが、なんとかターゲットに到達です。

あぶな。

 

粛々とプライスアクション、ローソク足、ダウ理論で、トレードすれば、結果は自ずと付いてきます。

一緒に学んでいきましょう。
>プライスアクションを学べる本物の教材についての記事はこちら

>コンテンツ一覧はこちら

 - トレード日誌, プライスアクション, ローソク足分析