プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

フィボナッチ23.6まで戻りを確認後、売り:2015/1/29

   

こんにちは。

先週の木曜日のエントリーを振り返りたいと思います。

通貨はEURUSDです。

 

長期で見れば、売りなので、売り場を探していました。

150129EURUSDH4

先週の前半は、戻りを試している状況でしたが、一服。

 

最初の矢印のついた大陰線が分かるでしょうか?

その5本前の大きめの陰線が、さらに2本前の上ヒゲの長い陽線の

安値を僅かながらブレイクしています。

ここで、戻りが終わったかな?と判断したのですが、その後もみ合いました。

そして、最初の矢印の大陰線でもみ合いをブレイク、売り確定です。

あとはエントリータイミングを計ります。

 

最初の矢印の大陰線にフィボナッチを引きました。

どこまで戻るかな?と思ったのですが、かなり戻しました。

しかし、100までの戻り寸前で下落し始めて、23.6を終値では下回りそうな感じだったので、

1時間足に切り替えました。

 

150129EURUSDH1

矢印のついたローソクの前の足が、100戻り寸前で下落したローソクです。

そして、矢印のローソクが2本前のローソクの安値もブレイクしたので、

売りエントリーしました。

 

今回は木曜日だったので、ポジションは最小にして、分割もせず、R:R=1:1にしました。

ストップは4時間足の矢印の大陰線のチョイ上です。

 

エントリー後、すぐ下落したものの、ターゲットには到達せず、反発し、

ストップ寸前まで行きましたが、エントリー前の高値辺りで下落。

やはりエントリーの根拠となった大陰線の高値は、みんなが意識していたようです。

 

結局ターゲットには到達しなかったのですが、

週は越したくなかったので、金曜の25時に決済しました。

チェックマークのところです。

30pipsほどです。

 

ちなみに、チャート左側にもフィボナッチがひいてあると思います。

423.8というところでプライスアクションが起きて、下落していると思います。

私はここで、戻りは一段落かなと印象を持っていました。

そして、4時間の最初の陰線、そして矢印の大陰線で売りを確信した、というわけです。

これらについては、また追って。

自分なりに考えがまとまったら、シェアしたいと思います。

 

その他にも、先週はデイトレードレベルでは、AUDUSDも売りトレードしました。

ターゲット寸前まで行ったので、ブレイクイーブンにしたところ、

ギリギリ建値で刈られ、その後大下落するという失態を犯しました。

エントリーしたら、もうその通貨のチャートは見るもんじゃありませんね。

 

超短期では、ドル円もトレードしました。

こちらも時間があれば、振り返りたいと思います。

 

さて、2月が始まりました。

粛々とプライスアクション、ローソク足、ダウ理論でトレードしたいと思います。

 

インジケーターによるトレードに違和感があるなら、一緒にプライスアクショントレードを

学んでいきませんか?

 

>プライスアクションを学べる本物の教材についての記事はこちら

>コンテンツ一覧はこちら

 - トレード日誌, プライスアクション, ローソク足分析