プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

4時間足の太陽線でドル円買い目線:2015/1/22

   

こんにちは。

先ほどドル円をトレードしたので、振り返ってみたいと思います。

 

4時間足チャートです。

これもすでに決済後のチャートになります。すみません。

150122USDJPYH4

超長期では買い目線、そして4時間足で見ても、買い目線です。

 

緑の矢印のローソクが分かるでしょうか?

分かりにくくて申し訳ないのですが、この矢印の18本前のローソクが太陽線になっています。

ここで、買いが入って来たかな?と判断します。

少し戻りを試しますが、案の定上昇します。

 

その後調整に入りますが、緑の矢印のローソクが大陽線となりました。

2本前のローソクの高値もブレイクしてますので、やはり買いが強いな、と判断出来ます。

 

ではエントリーの判断をする5分足です。

150122USDJPYM5

レンジになっていましたが、どうも117.77付近が強いサポートのようでしたので、

下から2番目の赤点線をブレイクしたところで、買いエントリーしました。

ストップロスは117.77のチョイ下、R:R=1:1のところにターゲットを設定です。

 

無事にターゲットに到達です。

 

ローソクの大きさや形状、高値安値、サポートレジスタンス、ダウ理論。

これらで十分トレードが出来ます。

 

一緒にプライスアクショントレードを学んでいきましょう。

 

 

>プライスアクションを学べる本物の教材についての記事はこちら

>コンテンツ一覧はこちら

 - トレード日誌, プライスアクション, ローソク足分析