プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

大きめの陰線、包み足で売りトレード:2015/1/15

   

こんにちは。

ドル円、ユーロドル、動きましたね。

スイングトレードで取らせて頂きました。

そちらはまた追って。

 

昨日のドル円の短期トレードです。

スキャルピングという感じではなくて、デイトレードに近い感じでしょうか?

かなり下落した後の、戻り売りを狙ったトレードです。

 

150115USDJPYM5

 

安値を付けて、戻りましたが、チャートの右側で大きめの陰線、包み足が出ます。

3本前の安値まで割って来てますので、強めの陰線といえます。

 

その次の足で、包み足の安値をブレイクしたので、売りエントリーです。

矢印のローソクです。

 

ストップはその包み足の高値のチョイ上、ターゲットはそれと同じくらいの利幅ですかね。

それより少し大きく取ったかもしれません。

すみません、忘れてしまいました。

 

無事にチェックマークのところで、利食いです。

 

最近フィボナッチの自分なりの使い方を研究しています。

シェアできるレベルになったら、シェアしたい思います。

 

短期トレードも、スイングトレードもインジケーターありきではなくて、プライスアクション、ローソク足、ダウ理論が全てだと思います。

 

インジケーターによるトレードで結果が出ていないなら、一緒にプライスアクションを学んでいきましょう。

 

>プライスアクションを学べる本物の教材についての記事はこちら

>コンテンツ一覧はこちら

 - トレード日誌, プライスアクション, ローソク足分析