プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

押し目や戻りってどこ?

      2015/07/05

こんにちは。

 

トレンドフォロー戦略として、

上昇トレンドが出た時には押し目で買う、

下降トレンドが出た時には戻りで売る、

とよく言われます。

 

でも、押し目や戻りってリアルタイムのチャートでは、

絶対に分かりません。

 

なぜなら、押し目や戻りは、その後時間が経過して、

高値や安値を更新した時に初めて、

そこが押し目であった、戻りであったということが分かるからです。

 

であれば、もう自分で押し目や戻りに関しての何らかのルールを作って、

それを粛々と守ってエントリーしていく、ということでいいのではないでしょうか?

 

個人的には、

(1)直近の高値、安値の一つ前の高値、安値

(2)直近の高値、安値の前のSwing low/high

(3)上二つに挟まれた部分をゾーンととらえ、そのゾーンのどこか

この3つのどこかで、反転の形状を示唆するローソク足が出たならば、

エントリーというのを狙っています。

 

なぜ(2)直近の高値、安値の前のSwing low/highまでが押し目、戻りなのか?と言うと、

そこが破られる事は、今までのトレンドが否定された、ということになるからです。

 

下のチャートを見て下さい。

140715blog

 

綺麗な上昇トレンドですね。

 

右から二番目の高値を付けた後にチャートを見たと仮定して、

どこを押し目として拾ってエントリーするか?ということになります。

 

一番上の赤点線は、その高値の一つ前の高値になります。

ここが(1)ですね。

でも、ここは長い陰線で破られてしまいました。

とても強い売り圧力があると想像出来るので、様子見です。

 

その下の赤点線が(2)直近の高値の前のSwing lowになります。

少し分かりにくいのですが、そのポイントの少し手前で包み足が出ているのが分かるでしょうか?

矢印がついているローソク足です。

 

しかもこのローソク足は、前のローソク足の安値も高値も更新しているoutside barでもあります。

ちなみにピンポイントで反転している青いラインはweekly pivotです。

 

ここで反転の形状を示唆するローソク足が出たと判断出来ます。

 

LCは赤点線の少し下、

TGは直近高値に設定しても、十分リスクリワードに見合うエントリーです。

 

実際にプライスは直近高値を超えていきました。

 

押し目や戻り売りのポイントの考え方、いかがでしたか?

皆さんも実際のチャートで、押し目や戻り売りのポイントを探してみて下さいね。

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S
プライスアクションに興味はあるけれど、

「何から手をつけていいかわからない・・」

「自分一人で学べるかが不安・・」

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。
無料メルマガ登録はこちら

コンテンツ一覧はこちら

 - エントリー戦略