プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

EURJPY、逆指値で買いエントリー:11/18のトレード

   

こんにちは。

先日EURUSDが4時間足では目線変更と書きましたが、思いっきり下落しましたね。。

Weekly pivotのR1には叩かれるだろうなとは思っていましたが、R1で叩かれ、

さらにWeekly pivotを下に抜けていくとは思っていませんでした。。

 

日足レベルではまだ下落トレンドですから、当然と言えば当然なんですけどね。

 

もう少し分かりやすいEURJPYで買いエントリーしてみました。

 

週足はこんな感じ。

141118EURJPYWeekly

ダブルトップっぽい感じではあるのですが、先週長めの陽線で引けつつ、

以前つけた145.68付近を軽くブレイクしたので、上目線継続というところです。

 

日足です。

141118EURJPYDaily

上昇トレンドまっしぐらですね。

 

4時間足です。

141118EURJPYH4-2

週があけ、Weekly pivot R1手前で叩かれ、下落。

しかし、144.76付近のサポートでとどまったことから、買いがまだ強いかな?という感じでした。

その後包み足に近い感じの陽線が出ます。でも、長さは短く、力はありません。

 

次の足で、案の定下落します。

しかし、今度は、144.86付近でとどまります。やはり買い圧力が強そうなので、

包み足的なローソクの1本前のローソクの高値、145.46を超えた145.50に逆指値を置き、

買いを待つ事にしました。

 

今日の9時半頃に逆指値にかかりました。

一度は下落するものの、順調に上昇しています。

 

ストップは、サポートになっている144.76の10pips下の144.66、

ターゲット1は、R:R =1:1の146.34、ターゲット2は1:2の場所、147.10に設定です。

ターゲット1にかかったら、半分のポジションを決済、半分はストップを建値に置き、

ターゲット2はWeekly pivotのR1の145.95付近まで下ろすつもりです。

146.00もサイコロジカルとして、機能する可能性があるので、欲張らずという感じでしょうかね。

 

さ、どうなるでしょうかね。

 

>プライスアクションについての本物の教材についての記事はこちら

>コンテンツ一覧はこちら

 

 

 

 

 - トレード日誌