プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

EURUSD:4時間足では目線変更

      2016/04/30

こんにちは。

 

最近忙しく、チャートを見る時間があまりないので、長い時間足で確認するようにしています。

EURUSDの4時間足で、ダウ理論としてはトレンド転換が起きたので、載せてみます。

 

141114EURUSDH4-2

 

直近の最安値は、一番下の赤点線の1.2357です。

ダウ理論、そしてSwingの定義からすると、直近最安値の前のSwing highはどこでしょうか?

 

141116EURUSDH4

 

swing highと書いてある1.2532ですね。

 

直近最安値をつけたあと、安値を更新出来ずに、先週はもみ合いました。

しかし、先週末の最後に、swing highである1.2532をブレイクしましたので、

4hでは一応トレンド転換で、今後は目線は買い目線です。

 

終値では超えなかったので、まだもみ合う可能性は十分あります。

日足ベースでは、まだまだ売り目線ですので、注意して見ていく必要はありますね。

 

来週もがんばりましょう。

では。

 

>欧米式のプライスアクションが学べる日本で唯一の教材、

「負けないトレード実践編 欧米のプロが使う骨太プライスアクション」についてはこちらの記事をご覧下さい。

 

>コンテンツ一覧はこちら

 

 

 - ダウ理論