プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

8/19のトレード2:ブレイクアウトからの戻り売り、包み足

      2016/03/13

こんにちは。

 

昨日エントリーしていたEURUSDが決済されたので、

振り返ってみたいと思います。

 

昨日のEURJPYのトレードと同じく、

EURUSDもレンジからのブレイクアウトとなり、

戻り売りを狙うトレードとなりました。

 

チャートを見てみましょう。5分足です。

140819EURUSDM5

チャートのやや上の太い赤線がWeekly pivotのS1です。

 

チャートのやや左側の大陰線が分かるでしょうか?

S1付近でプライスはウロウロとしていましたが、

昨日のニューヨーク時間前に、この大陰線でS1はおろか、

先週までの安値をブレイクしました。

 

下ヒゲは長いものの、その後も2本安値を更新したので、

売り圧力が強いかな?という判断で、ブレイクアウト戻りを待つ=プルバックの戦略を

取る事にしました。

って、EURJPYの戦略と一緒ですけどね(笑)

 

安値をわずかながら更新した後に、戻りが入りましたが、

チャートの左側のやや下あたりにある赤い矢印のローソクがわかるでしょうか?

陰線の包み足になっています。

 

この包み足の安値(上から2番目の点線)をブレイクしたところで、

売りエントリーです。

 

LCは包み足の前のローソクの高値の少し上、

TG1はR:R=1:1のところに設定。

日足で確認できるサポート1.3295があったので、

TG2は1:2より少し手前ですが、1.3296に設定しました。

 

結果は・・

もみ合いながらも本日TG1、2共に到達しました。

 

いつも同じこと書いてるなあって思われると思いますが、

そうです、いつもだいたい同じような戦略なんです(笑)

やるべきことは変わらないですからね。

 

暑いですので、皆さんからだには気をつけて。

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

 - トレード日誌