プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

ローソク足分析:包み足2

      2015/07/05

こんにちは。

先日の包み足の続きです。

 

前回の矢印の位置より前に、包み足が出ていると書きましたが、

皆さん分かりましたか?

 

 

140712blog

 

青いSRゾーンの真ん中あたりにある矢印の上にある長い陽線、分かりますか?

これも包み足です。

英語で言うと、Bullish engulfing barです。

 

ここでチャートを見ていたら、ターゲットを少し遠めにして、

エントリーしたかもしれないなあ。

エントリーしたとしても、たぶん損切りですけどね。

 

なぜエントリーしたかもしれないかというと、

・青いSRゾーンは、現在の高値の一つ前の高値付近であり、今回サポートになる可能性が高い。

・実際にこの前の足が長い下ヒゲを出してcloseしている。

このことは買い圧力が増えて来ている事を意味する。

・そして、包み足の出現。しかも実体がかなり長いので、強い買い圧力があると判断出来る。

 

ターゲットを結構遠くにしないと、リスクとリワードが悪いんで、

エントリーとしては微妙なところですが、

包み足の例としてはいいかなと思い、載せてみました。

 

このようにSRゾーンでの包み足の出現は、

反転のシグナルとしては有効であると思います。

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S
プライスアクションに興味はあるけれど、

「何から手をつけていいかわからない・・」

「自分一人で学べるかが不安・・」

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。
無料メルマガ登録はこちら

コンテンツ一覧はこちら

 - ローソク足分析