プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

8/7のトレード

      2016/03/13

こんにちは。

 

8/7のトレードを振り返ってみたいと思います。

 

チャートを見てみましょう。

EURUSDの1時間足です。

 

140807EURUSDH1

上のチャートは1時間足で、チャートを拡大したものです。

 

4時間足で見てみると、現在下降トレンド中です。

チャートの真ん中に辺りの戻りが、

4時間足レベルでの、直近安値を付ける前のSwing highです。

 

最近は、直近高値安値の前のSwingを執行時間軸で見ていたのですが、元に戻し、

上位時間軸でのSwingまでをトレンド継続、ということにしました。

 

というわけで、青字で書いてあるSwing highをブレイクされるまでは

売りを狙っていました。

 

直近安値を付けた後、Weekly pivotのS1を少し超えたところまで戻りますが、

その後、下落が始まります。

S1を下抜き、さらに1.3379を下抜いたところで、入ろうかなあとも思ったのですが、

ローソクを見る限りでは、そんなにまだ下落が強いとも言い切れないので、

グッとこらえ、再度戻りを待って、ローソクから「弱さ」が見れるところで、

エントリーしようと思いました。

 

下落したものの、予定通り、少し戻り、再度S1で叩かれます。

このローソクはやや下ヒゲが長いかな?という程度のものです。

 

しかし、次の足(赤い矢印の前の足)が、前の足の高値も安値も更新している

Outside barとなりました。

ここで「弱さ」が見れたので、売りをセットアップします。

次の足で、Outside barの安値を超えたので、売りでエントリーしました。

 

LCは1時間足での直近Swing highの少し上、

TG1はR:R=1:1のところ、

TG2は日足ベースのレジスタンスが1.3317付近なので、その少し上にしました。

R:R=1:2の少し上です。

 

しかし…ドラギECB総裁の会見で、急上昇。。。

こりゃダメかな?と思っていたら、再度急落し、TG1にヒットしました。

 

さあTG2には到達するでしょうか?

今見てると、S2手前まで行きましたが、下ヒゲ出して、

反発してますね。。

 

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 - トレード日誌