プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

移動平均線とプライスの位置関係:その2

      2016/03/13

こんにちは。

 

昨日移動平均線とプライスの位置関係について書きました。

今日はその続きです。

 

トレンド相場の調整の場面で、

プライスがトレンドと逆方向にEMA20を超えていき、

その滞在時間が長い場合には、直近のSwingまで行く可能性がある為、注意が必要

 

これが昨日書いた事です。

 

もう少し別のチャートを見てみましょう。

140807blog

 

AUDUSDの4時間足です。

 

チャートを左から見ると、下降トレンドに入り、一直線に下落しています。

その後、少し戻りを付けますが、短めの戻りです。

EMA20の下でプライスがおさまっています。

 

次の戻りでは、ほんの少しEMA20を超えるものの、下ヒゲをつけて、

再度下落します。

 

その後下落し、安値を更新しましたが、わずかな更新で、

下落の時間が短く、反発しましたので、ここで買いが入って来たかな?

と警戒が必要です。

 

案の上、左側のピンクで囲ったところで、EMA20を超えて、

モタモタしています。

ここでは直近のSwing highまでは行かなかったですね。

 

その後、またトレンドに戻り、安値を更新します。

 

しかし、次の戻りの時には、大きな戻りとなります。

右側のピンクで囲ったところです。

ここでは、EMA20を超え、滞在時間も長く、左側のピンク=ここでの直近のSwing highまで

戻っています。

 

この場合は、左側のピンクがレジスタンスとなり、

その後また大きく下落しました。

 

 

 

多くの人達の合意の基に、強いトレンドが出来るわけですが、

トレンドはいつまでも続くということはありません。

 

例えば、強い下降トレンドの後には、どこかの段階では必ず

  • 利食いする人達
  • プライスが安くなったから、買いたい

と思う人達が出てきて、戻りが大きくなっていきます。

 

戻りの後に、安値を更新するものの、

更新した幅と下落した時間が短い場合は、注意が必要です。

つまり、モメンタムが弱っているからです。

 

こうなると、EMA20を超えて、滞在時間が長くなるという現象が起こり始めます。

そして、トレンドが崩れるポイント=Swing highをテストしにいくわけです。

 

そこで、トレンド継続!!VSトレンドは終わった!!の戦いが行われ、

決着がついた後に、プライスが動き始める、ということになります。

上のチャートでは、トレンド継続派が多かったので、

下落したということですね。

 

 

いかがですか?

皆さんもプライスアクション、モメンタムに注意して、

引き続き相場を見ていきましょう。

 
プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 - プライスアクション