プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

上がりすぎだから・・という思い込みを捨てる

   

こんにちは。rudwigです。

 

今朝、買いポジションを持ったEURAUDが先ほどターゲットに到達しました。運が良く、即勝負がついた、というところです笑

 

スポンサーリンク

節目より下に潜り込むものの、最終的には上昇したので買い

チャートを見てみましょう。

EURAUD190807節目となる1.6500でのプライスアクションに注目していました。

 

1.6500を突き抜けてクローズしたものの、昨日は一旦下落。でも、最終的には陰線ながら、長い下ヒゲを出し、節目より上でクローズ。

 

一旦節目に潜り込むものの、上昇してクローズ=買いが強いと判断し、今朝、成行で買いました。

 

その後、運良くグングンと上昇し、先ほどターゲットに到達しました。185pipsほどの利益です。

そろそろ下がるんじゃないか?という恐怖に打ち勝つ

EURAUDは、7/24から強い上昇が続いていました。ここまで一気に上昇が続き、その動きを見ていると、「そろそろ下がるんじゃないか」「ここで買いを持つのは怖い」というような感情に囚われるかもしれません。

 

でも、我々トレーダーは、思い込みや恐怖心、一時の感情を捨て去り、あくまで統計に基づいたトレードをすべきです。

 

プラスの期待値が見込めるルールがあって、その形が来たら、トレードを執行する。そして、それ以外はトレードをしない。

 

それこそが、トレードで生き残っていく上で最も大事なことです。

 

実行するには、屈強な精神力が必要なようにも思われますが、統計を取ってトータルでプラスになると分かっているならば、一つ一つのトレードは怖くありません。プラスの期待値が見込めるトレードルールは、トレード数を重ねれば重ねるほど、むしろプラスになっていくのですから。

 

ではまた。

 

P.S

もしあなたが、プラスの期待値が見込めるトレードルールがないのであれば・・「火花」の戦略がオススメです。

火花は、チャートを見る回数を減らしながらも、利益を上げることが出来る可能性がとても高い戦略です。

僕は、FT2で火花を1000トレード以上検証していて、プラスになっています。

→「火花」のページを今すぐ見てみる

 

ただ、火花のマニュアルを見たいけども、実際のトレードに生かせるかが不安・・という悩みは、少なからずあると思います。

そんなあなたの為に、僕が実際どのようにトレードしているのか?(FT2上ではありますが)という動画を撮りました。

このサイト経由で火花を購入される場合僕からの特典として火花の日足手法で、GBPUSDをリアルタイム検証した動画(2001年〜2002年、21トレード32分、Forextester2を使用)と、エントリーポイントの画像をお付けします。

あなたは、この特典動画を見ることで、火花を使った実際のエントリーとイグジットが分かるようになります。

もし、あなたがチャートを見る時間を減らしつつ、トレンド判断をすることもなく、自分の時間や仕事を大切にしながら、利益を上げたいなら・・

火花はそのお手伝いをしてくれるはずです。

是非火花のページを一度見てみてくださいね。

→「火花」のページを今すぐ見てみる

※購入の際は、必ずこの画面が出ていることを確認してくださいね。この画面が出ていない場合は、特典は付きませんので、ご注意ください。

火花特典スクリーンショット

 - トレード日誌, プライスアクション ,