プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

USDCHFの買いポジションがターゲットに到達

      2019/05/09

こんにちは。rudwigです。

 

昨日、USDCHFの売りポジションはロスカットになりましたが、USDCHFの買いポジションも持っていました。

 

昨晩、その買いポジションがターゲットに到達しました。

 

スポンサーリンク

買いポジションは、75pips獲得

では、USDCHFの日足チャートを見てみましょう。

USDCHF190418買った位置や、ストップ、ターゲットはチャートに書いてある通りです。R:R=1:1です。

 

今回も、「火花」の日足手法を使ってのエントリーです。少し応用的な使い方ですけどね。

 

エントリーした足の1つ前の足が大陽線ですよね?これがエントリーのきっかけとなりました。

 

1.000付近でもみ合った結果、最終的には大陽線でクローズした。つまり、買いが優勢、ということですね。1.000との距離も遠くなかったので、成り行きでそのままエントリーしました。

 

無事ターゲットに到達し、75pips獲得です。

 

売りでは100pipsの損失で、ロット数も同じだったので、今回のUSDCHFでは、残念ながら赤字です苦笑。

火花は、トータルで勝てる可能性が高い戦略

今回のUSDCHFは赤字ですが、僕がFT2を使って、何百トレードも検証した結果火花はトータルで勝てる可能性が高い戦略です。

 

検証した結果、プラスの可能性が高いのであれば、1つ1つのトレードに固執する必要はありません。何連勝することもあるし、何連敗することもあります。

 

もちろん個々の成績に一喜一憂することもあるでしょう。でも、検証の結果、プラスになることがわかっているなら、その気持ちは隅に置いて、粛々とトレードして行きましょうね。そうすれば、あなたの資産は少しずつでも増えていきますよ。

 

ではまた。

→トータルで勝てる可能性が極めて高い「火花」のページを見に行く

 

P.S

このサイト経由で火花を購入される場合僕からの特典として火花の日足手法で、GBPUSDをリアルタイム検証した動画(2001年〜2002年、21トレード32分、Forextester2を使用)と、エントリーポイントの画像をお付けします。

火花のマニュアルを見たいけども、実際のトレードに生かせるかが不安・・という悩みは、少なからずあると思います。

そんなあなたの為に、僕が実際どのようにトレードしているのか?(FT2上ではありますが)という動画を撮りました。

あなたは、この特典動画を見ることで、火花を使った実際のエントリーとイグジットが分かるようになります。

火花は、チャートを見る回数を減らしながらも、利益を上げることが出来る可能性がとても高いので、ぜひご利用ください。

※購入の際は、必ずこの画面が出ていることを確認してくださいね。この画面が出ていない場合は、特典は付きませんので、ご注意ください。

火花特典スクリーンショット

→「火花」のページを見てみる

 

 

 - トレード日誌, ローソク足分析, 学び , ,