プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

日足が陽線になった後に押し目買いスキャルピング

   

こんにちは。先週末、上昇したEURUSDでしたが、昨日も高値を更新しました。

 

スポンサーリンク

日足が陽線になった後の押し目買いを狙う

目線としては、もちろん買い目線、というところでした。窓を開けて、高値を更新しましたが、その後は下落したので、まずは様子見。

 

昨日の始値が1.1943なので、それを上回れば日足レベルでは陽線になります。NY時間に1.1943を上回ったので、日足が陽線になりました。そこで、押し目買いが出来ないかな?と考えました。

 

では、実際のエントリーからイグジットまでの1分足チャートです。

170829EURUSD

1.1950をつけて、下落し始めたので、レジスタンスになっていた1.1940付近まで落ちてきたところを、押し目買いしたいと考えていました。

 

しかし、実際には、1.1944という小さ目のレジスタンスがサポートになったような感じでした。とはいえ、それは後からチャートを見れば・・ということです。

 

買いエントリーの根拠は、超短期下降トレンドラインを上回ったことと、1.1944が下落直前の上昇に対しての38.2戻りの場所だった、ということです。

 

ターゲットは当日高値の手前で10pipsほど、ストップロスは、下落直前の上昇に対しての半値戻しの少し下で、7pips弱としました。

 

下降トレンドラインを終値でブレイクしたら、次の足の始値で入りたかったのですが、少し入るのが遅かったです。。もっとリスクリワードをよくして行きたいなあ。。

 

日足のローソク足の色を見て、方向を決めることもある

もみあいつつも、無事ターゲットに到達です。その後も上昇しましたが、それも結果論、ということで。

 

さて、昨日のように、スキャルピングをする場合、日足のローソクの色を見て、方向を決めることもあります。

 

その時点での日足のローソク足の色の方向に合わせることは、スキャルピングレベルではトレンドフォローとも言えますからね。

 

ではまた。

 

P.S

昨日も紹介しましたが、あなたの目標達成に必ず役立つDVDブック=「達成する人の法則」が今なら無料(送料だけかかります)です。

 

日本ハムの大谷選手をはじめ、沢山の人が絶賛している目標達成の法則が、この「達成する人の法則」であり、通称原田メソッドと呼ばれています。

 

原田メソッドは、今までの目標達成法に足りなかった「あること」が明確になるメソッドです。

 

もし、あなたに、達成したい目標、例えば、相場で利益を上げること、そんな目標があるけれど、まだ達成出来ていない・・ということであれば、是非このDVDブックを見て下さい。自然と目標達成に向かうことが出来るはずです。

 

今なら無料ですから、リスクもありません。無料であるうちに、是非このDVDブックを見てみて下さいね。

→相場で利益をあげるという目標を達成するために、「達成する人の法則」のページを見てみる

 

 - トレード日誌, プライスアクション , , , ,