プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

EURUSDは迷いのローソク足

   

こんにちは。EURUSDは完全にもみ合っています。チャートを見てみましょう。

 

スポンサーリンク

月曜日に勢いのある陽線が出るものの・・

180824EURUSD先週末は結局はらみ足で終えました。注目された月曜日でしたが、勢いよく陽線が出て、下降トレンドラインも上にブレイク。しかし・・

 

拡大してチャートを見てみましょう。

180824EURUSD2

昨日、完全にそれを打ち消す陰線が出てしまいました。売り勢力も頑張っています。

 

今日のローソクはまだ確定していないのですが、昨日の安値を更新するものの、陽線。でも、今のところ上ヒゲが長めです。かなりもみっている、ということですね。

 

長期的には上昇トレンドで、日足レベルでも基本は買い目線なのですが、この状況ではなかなか買いにくいですね。ここ3日間で高値が切り下がっていることが気になりますしね。

 

個人的には買うにしても、8/11の高値1.1847のブレイク、からの戻り狙いが良さそうです。

 

売る場合は、8/17の安値を終値でブレイクした後の、戻り売りでしょうかね。

 

ではまた。

 

P.S

「負けないトレード実践編 欧米のプロが使う骨太プライスアクション」では、欧米式のプライスアクションを総合的に学べるようになっています。

 

何より素晴らしいのは今の相場のように様子見なのか?手を出すべきか?ということが分かるようになります。

 

簡単なようでいて、これがなかなか出来ないんですよ。あなたも、レンジ相場の時に、手出しして、痛い目にあったことはありませんか?ありますよね笑

 

そして、手を出すべき時には、どういったエントリーとイグジットが考えられるのか?ということがハッキリ分かるようになります。それも、インジケーターに頼ることなく。

 

「負けないトレード実践編 欧米のプロが使う骨太プライスアクション」は、値段とクオリティを考えると、非常識な教材と言わざるを得ません笑。1日50円の金額ですから笑。

 

返金保証もありますから、あなたにリスクもありません。どんだけ自信あるんだよ、佐々木さん・・という感じですね笑。

 

もしあなたが、まだトレードで結果が出せていない、ということであれば、是非一度「負けないトレード実践編 欧米のプロが使う骨太プライスアクション」のページを覗いてみて下さい。

→リスクゼロで、様子見の相場か、手を出すべきかを見極めるために「負けないトレード実践編 欧米のプロが使う骨太プライスアクション」のページを見てみる

 - ローソク足分析 , ,