プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

EURUSDは今日の早い段階で買いだったのか?

      2017/08/18

こんにちは。EURUSDはここ3日間上昇しています。チャートを見てみましょう。

 

スポンサーリンク

長い下ヒゲが2日間。これを見て、買いだったのか?

EURUSDの現時点での日足です。

170811EURUSD左の青丸が2015年8月の高値です。ここが重要な高値、レジスタンスになっていたわけですが、ここを7/26の終値でブレイク。

 

レジスタンス=サポートに役割を変えるロールリバーサルが起きると想像出来る訳ですが、今回まさにドンピシャで反転、上昇しています。

 

もう少し拡大しましょう。

170811EURUSD2一昨日、昨日と2015年8月の高値=レジスタンスだったところで、下ヒゲを出し、上昇しました。今日も上昇しています。

 

2日間ヒゲを出したので、今日の早い段階で買いだったかもしれません。少なくとも小ロットで買っても良かったのかもしれません。

 

ただ、調整が小さすぎる気もします。出来れば0.618ゾーンより下、出来るだけ下で買いたいですねえ。

 

チャートを見ていなかったということもありますが、現時点で僕は買ってません。今後に注目したいところです。

 

ではまた。

 

P.S

「負けないトレード実践編 欧米のプロが使う骨太プライスアクション」では、今回のようなロールリバーサルをはじめ、欧米式のプライスアクションを総合的に学べるようになっています。

 

欧米式のプライスアクションを学び、インジケーターに頼ること無くあなた自身でエントリーとイグジット戦略が立てられるようになります。

 

「負けないトレード実践編 欧米のプロが使う骨太プライスアクション」は、値段とクオリティを考えると、非常識な教材と言わざるを得ません笑。1日50円の金額ですから笑。

 

返金保証もありますから、あなたにリスクもありません。どんだけ自信あるんだよ、佐々木さん・・という感じですね笑。

 

もしあなたが、まだトレードで結果が出せていない、ということであれば、是非一度「負けないトレード実践編 欧米のプロが使う骨太プライスアクション」のページを覗いてみて下さい。

→正しいプライスアクションを学び、利益を出す為に「負けないトレード実践編 欧米のプロが使う骨太プライスアクション」のページを見てみる

 - プライスアクション, ローソク足分析