プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

通貨とドルインデックスに2つのフィボナッチを仕込む

   

こんにちは。rudwigです。

今年もよろしくお願い致します。

 

先日、今年最初のポジションを持ちました。

通貨はEURUSDで、売りポジションです。

 

日足チャートを見てみましょう。

170108eurusd-day矢印の付近で売りました。

いくつかフィボナッチを引いたのですが、

根拠になったのはいつも通り2つのフィボナッチです。

今回は敢えて書いていません。

 

EURUSDのチャート以外に、

もう1つ参考にしていたチャートがあります。

それは、ドルの強さを示すUSDOLLARインデックスチャートです。

170108usdollar-dayこのチャートにもいくつかフィボナッチを引いた上で、

根拠として使ったのは同じく2つのフィボナッチでした。

 

このあたりかな?と思っていたゾーンで反発が始まり、

そして、EURUSDのチャートでも、思っていたゾーンで反発が始まったので、

売ったのでした。

 

その後は少し逆行したのですが、

先週末の終値では、順行しました。

第一ターゲットまではあと十数PIPSとなりましたが、

どうなるでしょうか?

 

先ほども書きましたが、

今回は敢えてフィボナッチを載せませんでした。

エントリーの根拠を、是非あなた自身で考えてみて下さい。

 

役にたった!と感じたら、ポチっとしてくれると、大喜びします!

応援よろしくお願いします。

ポチしてくれる人が増えて来たら、何かいいことがあるかもしれませんよ(笑)


為替・FX ブログランキングへ

 

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。

なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 

 - トレード日誌, プライスアクション , ,