プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

USDCHFを売ってみた

   

こんにちは。rudwigです。

 

USDCHFの2015年11月から、2016年5月までの下落の波を見て、

戻り売りゾーンに来ていたので、先週売りポジションを持ってみました。

161202usdchf-wエントリー時に4時間足レベルで包み足の陰線が出たことも

エントリー根拠となりました。

 

ただ、2010年から2011年後半までの大きな波を見るならば、

もう少し上昇してから売られる可能性もあります。

 

2016年5月からの上昇の最大到達地点と思われるところも、

そのあたりなので、そこまで上昇してしまう可能性も否定は出来ません。

 

またドルインデックスも高値更新中ですからねえ。。

 

とはいえ、僕が見た波では、売りゾーンであったことは間違いないので、

小さめのポジションを持ってみました。

 

さて、今日は雇用統計ですね。

どうなるでしょうか。

 

ではまた。

 

 

役にたった!と感じたら、ポチっとしてくれると、大喜びします!

応援よろしくお願いします。

ポチしてくれる人が増えて来たら、何かいいことがあるかもしれませんよ(笑)


為替・FX ブログランキングへ

 

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。

なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 - プライスアクション, ローソク足分析 , , ,