プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

週足と日足の戻り売りポイントで売り

   

こんにちは。rudwigです。

大統領選は、トランプが勝ちましたね。

 

その大統領選の前に、NZDUSDを売りエントリーして、

先ほど第1ターゲット=TG1に到達しました。

 

日足です。

161110nzdusd-day9月頭から10月の頭までの下落を波と捉え、

そこにフィボナッチを引き、戻り売りポイントを探りました。

 

10月の頭からの上昇にもフィボナッチを引いたのですが、

その引き方では、戻り売りポイントとは一致しませんでした。

なので、ひょっとしたらまだ上昇するかもなあ…

とは思っていたのですが。

 

ただ、週足レベルの戻り売りポイントと

ほぼ一致していたんですね。

161110-nzdusd-w日足よりも当然週足の方が強いので、

週足でも戻り売りポイントなのであれば、

売ってみようかということで売りました。

 

順調に下げてくれて、TG1に到達です。

135pipsほどです。

まだ先にターゲットがありますので、今後の動きに期待です。

 

 

以前の記事でも書きましたが、このポジションとは別に、

週足を見て、僕は以前もこのポイントで売りエントリーしています。

含み益が300pips以上あったのですが、結局TG1にも届いておらず、

現在に至ります(笑)

週足レベルの波だと、当然こういうことになります(笑)

こちらも今後の動きに期待です。

 

 

役にたった!と感じたら、ポチっとしてくれると、大喜びします!

応援よろしくお願いします。

ポチしてくれる人が増えて来たら、何かいいことがあるかもしれませんよ(笑)


為替・FX ブログランキングへ

 

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。

なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 

 - トレード日誌, プライスアクション , ,