プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

フィボナッチでエントリーしたAUDUSDを一部利食い

   

こんにちは。rudwigです。

 

9/27にエントリーしたAUDUSDが一部利食いとなりました。

ナンピンしたポジションなんですが笑

 

早速チャートを見てみましょう。

161006audusd-dayAUDUSDの日足です。

今回は9/8から9/13までの下落を見て、

この下落に対しての戻り売りを検討してました。

 

9/8から13の下落に対してフィボナッチを引き、

大体の戻り売りポイントを出します。

 

そして、実際に戻りが入ったら、

その戻りの動きに対して、フィボナッチを引き、

どこが戻りの限界か?を探ります。

 

その2つのフィボナッチが大体重なるようであれば、

そこは絶好の戻り売り場所になる、僕は思っています。

 

今回もまさに2つのフィボナッチの場所が近かったので、

2回に分けて、売っています。

 

今回はナンピンしたポジション、

結果的にはいい位置で持てたポジションの一部を

利食いしました。

R:R=1:1での利食いで、85pipsです。

 

また今回のポイントは、

8/11から8/31の下落に対して引いたフィボナッチで

割出せる戻り売りポイントも近い位置だったんですね。

つまり、強いレジスタンスゾーンである、ということです。

より売りやすい場所でもあった、ということですね。

 

残りのポジションについても、期待ですね。

ただ、明日雇用統計だからなあ。。

 

さて、現在保有しているUSDJPYの2つ目のターゲットに

あと20pipsほどに迫りましたが、どうなるでしょうか。

104円ピッタリで一旦売りが入りましたからね。

どうにか到達して欲しいところです。

 

 

役にたった!と感じたら、ポチっとしてくれると、大喜びします!

応援よろしくお願いします。

ポチしてくれる人が増えて来たら、何かいいことがあるかもしれませんよ(笑)


為替・FX ブログランキングへ

 

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。

なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 

 - トレード日誌, プライスアクション , ,