プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

0.9pips届かず損切り:160907

   

こんにちは。rudwigです。

 

先週の金曜日から持っていたNZDUSDが損切りとなりました。

また、月曜日にもNZDUSDの売りポジションを追加したのですが、

こちらも損切りです。

 

では見てみましょう。

160907NZDUSD1h8月の終わりの絶好の売りポジションを見逃して、

先週末に戻って来たところを売りました。

 

2つのフィボナッチを使い、戻りの限界値を予測していて、

その通りの動きになったので、売ったわけです。

 

しかし、50pipsくらいの含み益になったものの、

損切りです。

-60pipsくらいです。

 

また、今週の月曜日にさらにポジションを追加していました。

 

先週末の下落に対しての戻りの限界値を、

これまた2つのフィボナッチを使って予測していて、

まさにその通りの動きになったからです。

 

最高の場所で売れたのですが…

0.9pips届かずに、昨日損切りとなりました。

-33pipsほど。

 

昨日23時の指標か何かで、ドルがものすごく売られたんですね。

160907USDOLLAR-d仕方ありません。

 

スイング用のNZDUSDのポジションはどうなるでしょうかね。

 

また、保有していたAUDUSDのストップを建値に移動していたのですが、

こちらもストップにかかり、終了となりました。

 

今後も粛々とトレードして行きます。

 

 

役にたった!と感じたら、ポチっとしてくれると、大喜びします!

応援よろしくお願いします。

ポチしてくれる人が増えて来たら、何かいいことがあるかもしれませんよ(笑)


為替・FX ブログランキングへ

 

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。

なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 

 

 

 - トレード日誌, プライスアクション , ,