プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

逆バリ損切りトレード解説160830

   

こんにちは。rudwigです。

 

NZDUSDの売り場が近いということを、

先週から分かっていたので、チェックしていたのですが、

先週末にEURUSDのデイトレをやったりしたばかりに、

NZDUSDのことをすっかり忘れていました。

 

そうしたら、案の定下落。。

NZDUSD160830-w

悔しい。。

また戻って来たら売りたいなと思っていました。

 

そして、その戻りの動きが思うような動きがであれば、

買いトレードしてみるか?ということで…

NZDUSD160830-1h大きく下落した後に、上昇。

押し目をつけて、一旦はさらなる上昇があるのではないか?というのが、

僕のシナリオでした。

 

ということで、上昇の波に対して、フィボナッチを引きました。

水色の○のところです。

30分足で見てみましょう。

NZDUSD160830-30m水色の○の波の中の、

僕が考える押し目買いポイントを一旦割り込むものの、

安値は割らずに、上昇。しかもpinbar。

 

次の足で買いました。

が。

 

安値を割ったので、損切りです。23pipsほど。

予定通りのシナリオと言えばシナリオだったので、

仕方ありません。

 

一旦安値を割ってから、上昇していますね。

イヤらしい動きです(笑)

 

スイングのポジションについては、一部利食い出来た

さて、8月半ばから持っているEURUSDのポジションが一部利食いとなりました。

160830EURUSD-1h1つは100pipほど、もう1つは134pipsくらいでしょうか。

R:R=1:1か少し上回るところでの利食いです。

まだ玉は残しているので、今後に期待ですね。

 

さて、8月も終わりますね。

今月どんな動きをしたのか?

是非振り返って、検証してみましょう。

その積み重ねが、必ず力になりますよ。

 

役にたった!と感じたら、ポチっとしてくれると、大喜びします!

応援よろしくお願いします。

ポチしてくれる人が増えて来たら、何かいいことがあるかもしれませんよ(笑)


為替・FX ブログランキングへ

 

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。

なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 

 

 - トレード日誌 , ,