プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

エントリー戦略7:押し目買い、戻り売り=プルバックその2

      2015/07/05

こんにちは。

 

先日お話ししたエントリー戦略のPB(プルバック)をもう少し見ていきたいと思います。

 

PBとは、トレンドが出ている場合の押し目買い、戻り売りの戦略です。

 

上昇トレンドが出ていると仮定しましょう。

直近高値の前のSwing lowをブレイクされるまでは、買い目線で攻めていきます。

そして、Pin bar包み足の出現で、「買い圧力が強まった」と判断し、

エントリーに備えるわけです。

 

チャートを見てみましょう。

140723blog2

EURUSDの1時間足です。

チャート真ん中辺りの、下向けの矢印あたりの時点で、チャートを見たとしましょう。

高値を付けた辺りです。

 

綺麗な上昇トレンドが出ていますので、

戦略としては、押し目買いを狙っていきます。

 

この高値の前のSwing lowはどこでしょうか?

 

最初の上向きの矢印のローソクがSwing lowになりますので、

ここをブレイクされるまで、買い場を探していくことになります。

 

高値を付けた後、プライスが下がってきました。

 

そして、2つ目の上向きの矢印の前のローソクで、Pin barほどではないものの、

下ヒゲが長いローソクが出現します。

ここで買いが強まって来たかな?と判断できますが、

私ならまだエントリーはしません。

 

その次の足で、太陽線が出ます。そして包み足です。

ここで押し目が完了したと、私は判断します。

 

そして、次の足で、包み足の高値(赤の点線)をブレイクしたところで、

エントリーです。

 

私であれば、LCは包み足の一つ前の下ヒゲが長いローソクの少し下です。

 

最初の上向きの矢印のSwing lowの少し下に設定するという考えもあります。

ここを破られたら、売り目線になりますから、シナリオ自体が崩れることになります。

1時間足レベルにしては、LC幅が大きいですが、ここまでは許容して、

その代わりに大きめの利益を狙っていく、という考え方です。

ポジションサイズの調整で、解決出来る問題ですね。

 

個人的には、近くの足の安値を破られたら、一旦は負けを認めて、LCし、

また買い圧力が強まったと判断出来るローソクが出たら、

入っていくやり方が多いかもしれないです。

損切り貧乏になりやすいかもしれないですけど。

リスクリワードの問題もありますしね。

 

TGはこの場合だと、残念ながら直近高値はおろか、

Weekly pivotのR2より上に設定しないといけないかもしれないですね。

まあ、結果的にはリスクリワード1:1のところは最低でも取れているでしょう。

 

PB戦略いかがでしたか?

今後PBの少し違う形も見ていきたいと思います。

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S
プライスアクションに興味はあるけれど、

「何から手をつけていいかわからない・・」

「自分一人で学べるかが不安・・」

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。
無料メルマガ登録はこちら

コンテンツ一覧はこちら

 - エントリー戦略