プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

短期トレード用環境認識:160329

      2016/03/30

こんにちは。rudwigです。

今日もドル円の状況を見ていきましょう。

 

日足です。

160329-dayトリプルボトムを付けて以降、ほぼずっと陽線が続いています。

ただ、昨日はちょっと上ヒゲが長い陽線なので、

やや勢いが弱まりつつある?とも思いますが、まだ分かりません。

 

昨日の高値を超えてくると、また勢いがついてきて、

3/10、15の高値あたりまで目指してくる可能性がありますね。

 

ダウとしては、3/15の高値を超えるまでは、売りダウです。

 

では1時間足です。

160329-1h1時間足レベルでは、既に買いダウに転換しており、昨日も高値を更新しました。

 

順調と言えば、順調なのですが、

毎回高値の更新の伸びがそんなにないので、

やりにくいと言えば、やりにくいとも言えます。

今日はどうでしょうか。

 

 

昨日、高値を更新し、1つ前の高値となったゾーンに戻って来たら、

買いたいなあと思っていました。

 

戻りの勢いが案外強かったのが気になったのですが、

下ヒゲが長いローソクが出て、

5分足の形も良さそうだったので、買ってみました。

 

結果は、最初は損切り、もう1回めげずにエントリーして、利確となりました。

 

プライスアクション基礎講座受講者の方で、要望が多ければ、

レポートにして、配ろうかなと思っています。

 

興味があれば、是非プライスアクション基礎講座を受講してみて下さいね。

欧米機関投資家の目線を学ぶことが出来ます。

 

彼らはインジケーターを見てません。

大事なことは、サポートレジスタンス、ローソク足、ダウ理論です。

 

もちろん無料ですので、お気軽にどうぞ。

なぜ、今あなたにプライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 

役にたった!と感じたら、ポチっとしてくれると、大喜びします!

応援よろしくお願いします。

ポチしてくれる人が増えて来たら、何かいいことがあるかもしれませんよ(笑)


為替・FX ブログランキングへ

 

 

ではまた。

 

 

 

 

 - 相場環境認識