プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

短期トレード用環境認識:160314

      2016/03/18

こんにちは。rudwigです。

まだまだレンジ中のドル円、今週はどうなるでしょうか?

今日の10時過ぎの状況を見てみましょう。

 

日足です。

160314-day

ダウとしては売りダウであるものの、

ダブルボトムを付けて以降、レンジが続いています。

先週末の金曜日は、はらみ足でひけていますが、

10時過ぎの時点で、既に金曜日の高値を超えています。

 

ただし、3/2の高値はかなり意識されていますので、このゾーンでの動きに注目ですね。

 

1時間足です。

160314-1h1時間レベルでもダウとしては売りダウですが、

かなり戻していますね。

 

今日はギャップアップでスタートして、金曜日の高値を既に超えました。

窓を埋める動きを見せた後に、再上昇しています。

ただ、3/2の高値はかなり意識されていますので、買うのもどうかなあ?

というところです。

 

個人的には様子見が基本ですね。

ただ、3/2の高値付近で、売りを示唆するローソクが出たら、

売りたいなあとは思っていますが。

 

今週もがんばりましょうね。

 

役にたった!と感じたら、ポチっとしてくれると、大喜びします!

応援よろしくお願いします。

ポチしてくれる人が増えて来たら、何かいいことがあるかもしれませんよ(笑)


為替・FX ブログランキングへ

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。

なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

※こちらの記事は、個人的な見解に基づいています。

実際の取引は皆さんの判断、かつ自己責任でお願いしますね。

実際の取引で不利益が生じても、当方は責任を負いません。

 

 

 

 

 

 - 相場環境認識