プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

短期トレード用環境認識:160311

      2016/03/18

こんにちは。rudwigです。

昨日のドル円、114.20付近のゾーンからやはり売られましたねえ。

114.40くらいまで上昇しておいての下落。

しかも動きがイヤーな感じでした。

 

では日足です。

160311-dayダウとしては売りダウですが、

ダブルボトムを付けてから、レンジ迷走中です。

 

3/1の安値がかなり意識されていて、

昨日の動きを見る限りでは、3/2の高値もやはりかなり意識されて、

売られました。

 

レンジ中のレンジですね。

 

1時間足です。

160311-1h1時間足を見ると、キレイに114.20付近のゾーンから売れれたのが分かると思います。

 

イヤらしいのが、一度下落してからの上昇のpinbarですね。

で、次の足で、pinbarの高値をチョイブレイクしたので、

やっぱり買いが強いのか?と見せかけての・・

怒濤の売り。

イヤーな感じですね。

僕はトレードしてないので、いいんですけど(笑)

 

で、今度は安値を切り上げつつの、陽線の包み足が出てますね。

 

分かんないので、様子見がベストですね。

売るにしても、昨日の安値をブレイクしてからの、ロールリバーサル待ちですね。

 

ではまた。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。

なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 - 相場環境認識