プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

短期トレード用環境認識:160307

      2016/03/18

こんにちは。rudwigです。

 

ドル円ますます分かりにくくなってきましたね。

レンジまっしぐらです。

積極的にトレード出来る状態ではないですね。

 

2016/3/7 0時時点での環境認識です。

 

日足から見ていきましょう。

160307-day売りダウには違いないのですが、ダブルボトムになって以降、迷走しています。

レンジですね。

 

日足レベルで言えば、赤線のレンジゾーンを抜けるまでは、

様子見がベターですね。

上抜ければ、売りダウとはいえ、かなりスペースがあります。

下抜ければ、ダブルボトムゾーンまでは、やや値幅がありますね。

 

1時間足です。

160307-1hレンジまっしぐらです。

こちらも1時間足レベルでのレンジゾーンを抜けるまでは様子見が

ベターでしょうね。

レンジ抜け→ロールリバーサル待ちが鉄板でしょうかね。

 

日足が売りダウなので、レンジ下抜けに期待しているのですが、

1時間足レベルでは、結構すぐ下にサポートがあるので、

細かく取るのがいいかもしれませんね。

 

ではまた。

 

P.S

僕のメルマガでは、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非ご登録下さい。

なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 

 - 相場環境認識