プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

短期相場環境認識:160302

      2016/03/18

こんにちは。rudwigです。

 

ドル円、もはや分かりません。。

時間がなくてトレード出来てないのですが、トレードしない方がいいくらいですね。

レンジっぽくあるので、様子見がいいかもしれませんね。

 

一応日足から見てみましょう。

160302day一昨日の陰線の安値を割って、下に行くとみせかけての、アウトサイドバーです。

これは買いが強いということを示していますが、もはや分かりません。

どちらにせよ、114.85付近の高値を超えてくるかがポイントですが、

そこまで様子見がいいかもしれません。

 

1時間足です。

160302-1h1時間レベルでは、再度買いダウに転換しています。

上にも書いたように、114.85付近を抜けるかどうかがポイントですが、

ここまでは様子見がいいかもしれません。

ただ、114.85を抜けても、日足的にはまだ売りダウなんですけどね。

 

何にせよ、長い時間ポジションを持つのは危険そうですね。

スキャルとかであれば、114.85付近まで買いを狙っていくのはありだとは思います。

 

僕ニュースとか全く見ないので、ニュースとかがキッカケで、

チャートが上下しているのであれば、すみません、という感じです。

チャートだけみて話をしているので。。

 

ではまた。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講して下さい。
なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 

 

 

 

 

 

 - 相場環境認識