プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

7/24のトレードその3:包み足によるトリガー

      2015/07/05

こんにちは。

 

7/24のトレードをまた振り返ってみたいと思います。

トレードした通貨は、AUDUSD です。

 

状況としては、上昇トレンドに乗って、上昇してきましたが、

高値をつけた直前のSwing lowを下回ったので、

下降トレンドに変わり、その後もみ合っている場面です。

 

では実際のチャートです。1時間足です。

 

140724AUDUSDH1-2

 

真ん中の赤い点線が、下落トレンドに変わるポイントです。

 

終値ではそのポイントを超えられずに、戻しが入り、もみ合いになります、

しかし、赤の下向きの矢印の前のローソクで、上ヒゲを出し、包み足の出現となりました。

 

矢印の足が、包み足のローソクの安値をブレイクしたところで

売りエントリーです。

 

LCは上の赤い点線の少し上、

TGはおなじみR:R=1:1と1:2を二つに分けるやり方です。

 

AUDUSDは、私が使っているブローカーだと、3pips弱のスプレッドがあり、

それを考慮すると、TG1がWeekly pivotのR1の少し下になってしまいましたが、

仕方がありません。

 

また、TG2もR:R=1:2で設定すると、スプレッドの関係で、

ラウンドナンバーの0.9400を下回ってしまうので、ほんの少し上に設定しました。

 

その後の動きはというと…

 

TG1に無事到達です。

 

その後もみ合いになりましたが、Weekly pivotのR1がレジスタンスとなり、

日をまたぎ、うまく下落し、TG2も到達です。

やはりラウンドナンバーで反発しましたね。

危な(笑)

 

なかなかいいトレードだったかなあと思います。

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S
プライスアクションに興味はあるけれど、

「何から手をつけていいかわからない・・」

「自分一人で学べるかが不安・・」

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。
無料メルマガ登録はこちら

コンテンツ一覧はこちら

 - トレード日誌