プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

短期相場環境認識:160228

      2016/03/18

こんにちは。rudwigです。

 

先日初めて徳島に行ってきました。
いい街ですね。久々に飲んで、べろべろになりました(笑)

 

さて、短期の相場環境認識です。
ドル円の日足です。

160228-day

ダウとしては売りダウですね。
Swing highはまだまだ上ですからね。

ただ直近2日はかなり大きい陽線のローソク足が出ていますから、
買いが入ってきたことが分かります。

見て頂く分かるかと思いますが、
ダブルボトムになって、教科書通り上昇していきました。

ネックラインのところでは一度叩かれるとは思います。
ただ、ネックラインを超えていくと、上昇が勢いづいて、
その上のラインの辺りまでは行くんじゃないでしょうか?

 

1時間足です。

160228-1h

買いダウへ転換しています。
赤丸のところが、以前のSwing high=ダウ転換するところで、
そこをサポートとして上昇しています。
ロールリバーサルですね。

この2つの赤丸は絶好の買いポイントでしたね。
特に2つめはダブルボトムにもなっていますし。
ただ実際にチャート見ていなかったので、何とも言えないですけどね。

 

その後、かなりの勢いで上昇して、最後停滞して、
モタモタした感じですね。

 

サポートレジスタンスの関係で言えば、
四角で囲ったSRゾーンまで落ちて来たら、
短期足のローソク、プライスアクションを見て、
買いたいなあというところです。

 

ただ、勢いがあるので、そこまで落ちずに停滞して、
その後上昇していく可能性もありますね。
その場合は、日足のネックラインがポイントになりそうです。

 

今週も粛々とやっていきましょう。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講して下さい。
なんで今プライスアクション基礎講座が必要なの?

 

 

 

 - 相場環境認識