プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

レジスタンスゾーンから売られ、包み足出現の巻

   

こんにちは。rudwigです。

昨日に引き続き、スキャルピングしてみました。
今日も、通貨はUSDJPYです。

 

1時間足を見てみましょう。

160210-1h-2

売りダウであることは間違いありません。
ただ、下値は重いのかなあ?という印象。

 

5分足です。

160210-5m-2

5分足レベルでは、買いダウに転換しちゃってるのかな?というところ。

 

しかし、水色の水平線あたりから、やっぱり売られちゃったんですね。
そんで、最初の赤の矢印の前の陰線を見て下さい。

包み足ですよね?

で、赤矢印のローソク足で、売りエントリーです。

その後、12pipsくらい順行したんですが、戻りが入ってしまいました。
利確しときゃよかった。。

で、泣く泣く同値撤退。
失敗トレードですね。

 

で、次のトレード。
2個目の赤矢印なんですが、その4個前のローソクを見て下さい。

割と大きめの陽線が出てますよね?
これで、あれ?こりゃ買いが強いかな?と思ったんですが、この陽線の安値を割られちゃいました。

なので、2個目の赤矢印で売りエントリーです。

水色のところで利確。

あなたの生活スタイルにあったトレード

今回のトレードもシンプルですよね?

1時間足レベルでは、売りダウ。
5分足レベルでのレジスタンスソーンから売られ、
しかも包み足が出た。

これは売りますよね?

利確失敗してますけど(笑)

 

サクッと出来るので、
僕の今の生活にはスキャルはいいかも?って
思っている今日この頃です。

 

インジケーターに頼るのではなく、
サポートレジスタンス、ローソク足、ダウ理論で勝負しつつ、
あなたの生活スタイルや、性格、資金に合うように、
いろいろとアレンジしていけばいいと思います。

 

たくさん試してみましょう。
焦ることはありません。

 

今すぐ勝てることが大事なのではなく、
一生使える、あなたにあったトレード力を身につけることが
大事なんだと思いますよ。

 

あなたにあったトレードを、一緒に見つけていきましょう。

 

P.S

僕のメルマガでは、プライスアクション基礎講座を開講しています。
サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足など、
プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

また、
トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、
お話ししています。

もちろん無料ですので、是非ご登録下さい。
メルマガ登録して、今すぐプライスアクション基礎講座を受講する

 

 

 

 

 

 

 - トレード日誌, ローソク足分析