プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

トレードで専業になる必要はないと思う

      2016/01/17

こんにちは。rudwigです。

いきなりですが、

あなたは、
専業トレーダーでしょうか?
それとも、兼業トレーダーでしょうか?

 

このブログを見ているあなたは、
おそらく専業トレーダーではないと思います。
専業の方は、他のトレーダーのブログなど、
ほぼ見ないと思いますので(笑)

 

でも、僕は特に専業になる必要はないと思っています。
実際に僕も専業でトレードしているわけではありません。
本業がありますし、その他にも少し手がけているビジネスがあります。

トレードが大好きで、
今の仕事をやめて、トレードだけに専念したい、と
あなたが考えるのも分かります。

ただ、あなたは、
トレードだけで生計を立てていくプレッシャーに
果たして耐えられるでしょうか?

僕には無理ですね(笑)

トレードだけで生計を立てる場合、
かなりの技術、精神力がないと、
どうしても偏った目でチャートを見ることにもなりかねません。

トレードで大切な「待つ」ということが出来なくなる可能性があります。

だって、もし今月1回もエントリーが出来なかったら、
収入が0なんですから。

もしあなたが、焦りから待つことが出来なくなって、
エントリーするべき「間」でないところで
無理矢理エントリーすれば、
ほぼ負けトレードになり、
収入どころか、残高が減ることになります。

証拠金をかなり積んでいて、かなり減っても耐えられる場合、
または、パリス昼豚さんみたいに、メンタルが強い場合は別ですが、
だいたいの人は、そんなにメンタルは強くないと思うんですよね。

 

収入源が別にある方が、良いトレードが出来る

というわけで僕は、トレードとは別に、
収入源を別に確保している方が、
より良いトレードが出来るのではないかなあと思っています。

最低限の収入が別にあることで、
バイアスがない状態で、チャートを見ることが出来る、と思っています。

稼がなきゃ!と思っている時に、
良いトレードは出来ないと思うんですよ。

稼げるトレーダーは、
もはやトレードに何の感情もないほどのメンタルを
持っている人達なんですよね。

でも、そんなトレーダーになるには、
かなりの時間がかかると思います。

技術だけの問題ではありません。
証拠金が増えて、枚数を増やした時に、
今までと同じトレードが出来なくことはよくあります。

それら全てを乗り越えたトレーダーだけが、
本当の意味で稼げるトレーダーになれるのです。

 

もちろんトレードで必要な生活費を稼げるようになり、
PC一台あれば、どこにいようとも生活出来るようになるのは、
理想かもしれません。

でも、僕は、
トレードをビジネスという観点でとらえるならば、
「トレードだけ」に収入を集中させるのは、
危険だと思うんです。

 

「1」は最も危険な数字

ビジネスにおいて、「1」というのは最もよくない数字です。
1つだけのビジネス、1人だけのクライアント。
それは、何を意味するのか?

リスクが1つに集中するということです。

もし、あなたがトレードだけを収入源としていて、
万が一あなたのトレード戦略が、
何か月も機能しなくなったら…?

可能性はゼロではありません。
トータルでは勝てるかもしれませんが、
ひょっとしたら何か月も負け続けて、
その後に勝ちがやってくることもあります。

そんな何か月も勝てない状況に、あなたは耐えられるでしょうか?

本業、トレード、そしてもう1つのビジネスで回していく

だから僕は、
他に収入源があって、その上で、トレードをしていくのが一番良いと思います。

これが専業トレーダーになる必要はない、という理由です。

そして、欲を言えば、
さらにもう1つくらい収入が得られる簡単なビジネスを
始めることをお勧めします。

もちろん生活費の足しになる、ということもありますが、
もう1つビジネスをすることで、
トレードに充てる証拠金を増やすことが出来ます

あなたが確固たるトレードの技術を身につけ、
確実に勝てるようになった時に、
証拠金が多ければ多いほど、枚数を増やすことが出来て、
より大きな収入を得ることが出来るのです。

 

僕はたまたま会社員ではなくて、
自分の技術で食べている自営業者だけど、
それだけではいつどうなるかわからないから、
トレードを始めて、勝てるようになった。

そして、また別のビジネスも少し始めて、
収入が得ることが出来るようになって、
本業、トレードにとてもいい影響が出るんですよ。

どういうことかというと…
本業では、やりたくない仕事は断り、
本当にやりたいことだけに専念出来るようになった。

トレードでは、自分の勝ちトレードのパターンになるまで、待てるようになった。

そして、もう1つのビジネスのおかげで、より証拠金を増やすことが出来るようになった。

1つの仕事に縛られているだけでは考えられなかったような
正の循環が生まれるのです。

 

ビジネスでのリスク分散の効果とは?

 

1つの仕事に縛られていると、
その1つのことにどうしても固執してしまうことになる。

イヤな上司の言うことにも、
イヤイヤながら従わざるを得なくなる。

なぜなら、クビが怖いから。収入がなくなるから。

僕の場合で言えば、本業だけをやっていたら、
イヤなクライアントとも
仕事をせざるを得ないことになる。

なぜなら、その仕事を失うと、収入がなくなる状況に陥るから。

でも、トレードを含めて、いくつかビジネスを回していけば、
リスクを分散出来る。
1つ1つの仕事には固執しなくなる。

トレードについて言えば、1つ1つのトレードに固執しない、
1つ1つのトレードを独立したトレードと
考えることが出来るようになる。
証拠金も増やすことが出来る。

 

いいことづくめだと思いませんか?

 

今日のまとめ

長くなったので、今日のまとめです。

・専業ではなく、他に収入源があった方が
フラットな視点でチャートを見ることが出来、結果として良いトレードが出来る

・本業、トレードの他に、簡単なビジネスを1つ始めると、
証拠金をより早いスピードで増やすことが出来る

・本業、トレードの他に、ビジネスがあると、
1つ1つの仕事に固執する必要がなくなり、それぞれに良い循環が生まれる。

・結果的には、トレードにおいても、自分の間で待てるようになり、
さらに、1つ1つのトレードを独立したトレードと考えることが出来るようになる。

 

もう1つの簡単なビジネスについては、また別の機会にお話しようと思っています。

 

P.S
本業、トレード、そしてもう1つのビジネスを考えるとなると、
僕も、そしてあなたも、
時間を無駄に過ごすことなど、出来ないと思いませんか?

時間管理について、この記事を書きましたので、是非お読み下さい。
 

 

 - トレードの先にある世界