プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

今日のAUDUSDを振り返ってみる

   

こんにちは。rudwigです。

 

今日は先ほどチャートを見れたという状況だったので、

ノートレードでした。

昨日の相場環境認識にも書いたAUDUSDを振り返ってみたいと思います。

 

つい先ほどの1時間足です。

151012AUDUSDH1

相変わらず高値切り上げ、安値切り上げの綺麗な上昇トレンドです。

まだ最新の高値は確定していません。

ということは、 1時間足レベルでは、前回安値0.71640からの上昇波動が

続いているということです。

 

つい先ほどの15分足です。

151012AUDUSDM15

トレードしていないので、何とでも言えるのですが、

チャートを見ていたら、0.73377を上抜けたら、入っていたかもしれません。

昨日の相場環境認識の記事では、高値0.73434を上抜けか、

調整を待って的なことを書いたかもしれませんが、

もしチャートを見ていたなら、最高値0.73434更新を信じて、

0.73377上抜けで入っているような気がします。

 

それを逃したら、次の矢印のローソクあたりでしょうか。

一応高値を更新し、その後の戻りがあり、

最後の大きな陰線を陽線が打ち消したということを根拠にして。

 

ただ、この時には、恐らくボトム0.73225は確定していないので、

ここが当面のボトムだ=安値だ!と確認して入ることは出来ません。

 

さて、15分足レベルでは、最新のボトム0.73529を割って来ていますね。

やはり上昇は弱まっているのでは?と勘ぐっています。

まあ、そろそろ調整してくれないかな?という期待も込みですね。

 

皆さんは週明けのトレードはいかがだったでしょうか?

明日からもがんばりましょう。

ではまた。

 

 

 

 - 相場環境認識