プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

高値の判断:Swing high

      2015/07/05

こんにちは。

 

このブログにもよく出てくる言葉、「Swing」について考えてみたいと思います。

 

トレードする上で、

「どこをブレイクしたらダウ理論が崩れて、目線が変更になるか?」という判断が

必要になります。

私はその「どこ」という判断を、Swingの考えで行っています。

 

Swingには、

Swing highとSwing lowがあり、

考え方は同じで、逆になっただけなので、

今日はSwing highを例に取ってお話します。

 

 

Swing highの定義

 

Swing highと見なされるローソクとは、

「左右2本ずつのローソクの高値よりも、さらに高値が高いローソク」のことです。

言葉にすると、あまりにも分かりにくいですね(笑)。

 

チャートで見てみましょう。

140723swing high

青い矢印のついたローソクがSwing highです。

このローソクは、「左右2本ずつのローソクの高値よりも、さらに高値が高い」ですよね?

これをSwing highというわけです。

 

もう一つチャートを見てみましょう。

現在のEURUSDの日足チャートです。

140723swing high2

 

最近のSwing highを矢印で記してみました。

最初の2つは「左右2本ずつのローソクの高値よりも、さらに高値が高い」ですよね?

ですので、Swing highとなります。

 

最後の矢印で示したローソクはどうでしょうか?

まだ本日のローソクが確定していないので、Swing high決定とは言えませんが、

本日のローソクの高値が、矢印で示したローソクの高値を超えないでクローズした場合には、

Swing high決定となります。

そしてこのローソクが直近のSwing highになるわけです。

 

このSwingという考え方について、また解説していこうと思います。

 

 
プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S
プライスアクションに興味はあるけれど、

「何から手をつけていいかわからない・・」

「自分一人で学べるかが不安・・」

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。
無料メルマガ登録はこちら

コンテンツ一覧はこちら

 - ローソク足分析