プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

15分足のトレンドの同調から買いエントリー

   

こんにちは。

昨日の夜から持っていたポジションがすべて決済となりましたので、

シェアしたいと思います。

通貨はAUDUSDです。

 

4時間足から見ていきましょう。

151007AUDUSDH4

高値切り下げ、安値切り下げですが、前回高値を大きく上抜いています。

また、安値も切り下げはいるものの、3pips弱の安値更新なので、

ほぼ安値更新失敗と見ていいでしょう。

実質上昇トレンドと判断しました。

 

1時間足です。

151007AUDUSDH1

高値切り上げ、安値切り上げの綺麗な上昇トレンドです。

 

では15分足を見てみましょう。

151007AUDUSDM15

15分足レベルでは、調整に入り、下降トレンドになっていましたが、

3、4回前のピーク=高値ゾーンで反発し、前回のピークを上回ったので、

上昇トレンドに転換しました。

その転換ポイントで買いエントリーしました。

調整がやや弱いなとも思ったのですが、0.7100付近が堅いようでしたので。

 

ストップは0.7100のチョイ下で、ターゲットは4分割としました。

 

TG1に時間をかけて到達したものの、その後もみあいに。

そのまま就寝。

 

朝起きると2つのポジションが決済されていました。

本当は2つポジションを残し、1つはトレールしたかったのですが、

就寝したので、仕方ありません。

 

残り1つも無事決済です。

0.7205付近までは行きそうだなあとは思っていたのですが、

無理せず決済。

その後0.7233まで伸びましたね。残念。

でも勝てたので良しとしましょう。

 

トレンドが揃うと伸びやすい

 

今回は4時間、1時間、15分とトレンドが揃ったところでのエントリーでした。

トレンドが揃うと、やっぱり伸びやすいですね。

 

そして、そのトレンドの判断には、ここしばらく、

相場塾で習っていた「ピークボトム」を使っています。

誰にでもトレンドが簡単に判断出来るところが素晴らしいですね。

しかも、オシレーター等と違い、値動きそのものですから、

重要です。

 

トレンド判断に迷ってしまう、トレンド判断の明確なルールが無い、

そんなあなたにピークボトムはおすすめです。

是非一度相場塾のホームページを見てみて下さいね。

ピークボトムを使う「相場塾」のページはこちらから。

 

 

 

 - トレード日誌