プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

エントリー戦略6:押し目買い、戻り売り=プルバック

      2015/07/05

こんにちは。

 

今日もエントリーについて考えてみたいと思います。

今日は押し目買い、戻り売り=PB(プルバック)についてです。

 

これはトレンドがある時の戦略になります。

 

実際のチャートを見てみましょう。

EURUSDの1時間足です。

 

140723blog

チャートの左側から、綺麗に上昇トレンドが出ています。

真ん中よりやや左側で、下向きの赤い矢印が見えるでしょうか?

この辺りでチャートを見たと仮定します。

 

この高値を付ける前の安値はどこになるでしょうか?

 

私の考えるSwing lowの定義とは少し違うのですが、

今は3本ある点線のうち、一番下の点線を直前の安値、ということにしましょう。

そこを下抜いてこないうちは、買いを狙っていきます。

 

このPBの戦略でもローソク足の形状を見ます。

Pinbarや包み足が出た時には、エントリーの準備をします。

 

赤い下向きの矢印の高値の後、プライスは少しずつ高値を切り下げていきました。

その後、Weekly pivotのR1も軽く下抜きます。

 

1つ目の上向きの赤い矢印が分かるでしょうか?

この足が、わずかながら包み足になっています。

この包み足の高値は、わずかにR1を上回っています。

早めのエントリーをするなら、この包み足の高値(2番目の点線の位置)を超えたところで

エントリーです。

 

この包み足が小さくて、まだわからないと考える方もいるでしょう。

 

その次の矢印のローソクはは大きい陽線で、包み足です。

このローソクで買い方向の強さが確認出来ると思いますので、

次の足で、包み足の高値をブレイクしたところでエントリーです。

押し目というより、ほとんど直近高値ですけどね。

 

LCは先ほどお話しした直近安値の少し下、

TGは上位時間軸のレジスタンスや各種Weekly pivotですね。

 

もう少しPBについて考えてみたいと思います。

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S
プライスアクションに興味はあるけれど、

「何から手をつけていいかわからない・・」

「自分一人で学べるかが不安・・」

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。
無料メルマガ登録はこちら

コンテンツ一覧はこちら

 - エントリー戦略