プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

ロールリバーサルと包み足をトリガーとした売りトレードでした

   

こんにちは。rudwigです。

 

7/29に仕込んだAUDUSDのポジションが決済となりましたので、

シェアしたいと思います。

 

下降トレンドの中、0.7320近辺が強いサポートとなっていましたが、

そのゾーンをブレイクしました。

その後の戻りを狙い、売ろうというシナリオです。

 

サポートゾーンまで戻ってきたところで、ローソク足を分析する

 

チャートを見てみましょう。

150731AUDUSDH4

サポートゾーンをブレイク後、大きく下落し、0.7256付近まで進みました。

その後の戻りを待ちます。

 

さて、サポートゾーンまで戻ってきました。

下ヒゲの長い陽線が出ていましたので、買いが強いと推測されましたが、

次の足が包み足の陰線となりました。

売りが入ったかな?と推測出来ます。

 

しかも場所は、以前サポートゾーンだった場所です。

サポートゾーンがレジスタンスゾーンに役割を変える=ロールリバーサルかな?

と推測出来ます。

 

次の足が、包み足の安値をブレイクしたところで売りエントリーです。

ターゲットはR:R=1:1のところ、R:R=1:2に設定です。

 

TG1に到達したところで、半分ポジションを決済、

TG2はストップを建値にしておきました。

 

昨日上昇したものの、なんとかストップにかからず、下落し、

TG2の手前3pipsくらいのところでもみあったので、決済してしまいました。

まだまだです。

その後TG2にも到達していました。

ただ、その後は指標で上昇しましたね。危な。

 

サポレジとローソク足分析、ダウ理論で十分に勝負できる

 

いかがでしょうか?

ダウ理論で全体の流れを確認後、サポートレジスタンスを意識し、

サポレジゾーンでのローソク足を分析する。

 

インジケーターがなくても、

上に書いたことだけで、十分勝負出来る気がしませんか?

 

もしインジケーターによるトレードに疑問があるなら、

是非プライスアクショントレードを始めましょう。

 

プライスアクショントレードを始めるにあたって、

難しそう・・とか、一人で学べるかが不安・・

そんな思いもあるかと思います。

 

そんなあなたが、プライスアクションを最初に学ぶ上で、

最も学びやすいのが、塚田達也さんのDealing FXです。

Dealing FXについての僕の記事はこちらです。

 

Dealing FXで学ぶことで、あなたが得られるメリットは、

  • トレンド判定方法が簡単なので、トレードする方向に迷わない。
  • サポートレジスタンス、ロールリバーサル、重要なローソク足について、分かるようになる。
  • プライスアクショントレードで必須である各種ラインが、引けるようになる。
  • エントリールールは、順バリは2つ、逆バリは3つで、とてもシンプル。だから迷わない。再現性が高い。
  • 利食い、損切りのルールも明確、迷わない。
  • 豊富なケーススタディ、10時間以上の動画もあるサポートサイト。
  • 無期限、無制限のメールサポート。
  • 資金管理、メンタル、トレード日誌についてなど、トレード全体が学べる。

 

プライスアクショントレードを最初に学ぶという点では、最高の環境です。

何より分かりやすく、再現性が高いです。

プライスアクションについてのハードルをさげて、

プライスアクションを分かりやすくしてくれるのです。

 

もちろん今回取り上げたロールリバーサルについても、

かなり詳しく説明がされています。

プライスアクションの根本となる、サポートレジスタンスが出来る原理から

説明がありますので、信頼出来ます。

 

繰り返しになりますが、

インジケーターによるトレードに疑問があって、

プライスアクショントレードを学んでみたいという方は、

是非一度、Dealing FXについての僕の記事をご覧下さい。

Dealing FXについての僕の記事はこちら。

 

ではまた。

 

 

 

 

 

 - トレード日誌, プライスアクション, ローソク足分析