プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

ロールリバーサル狙いで、EURUSDを売りました

      2016/03/13

こんにちは。rudwigです。

 

EURUSDがかなり下落したので、久しぶりに15分足を使って、

売りエントリーしてみました。

 

4時間足の状況は、こんな感じでした。

150730EURUSDH4

ダウ理論的には、4時間足では、まだ売りダウにはなっていませんでした。

 

1時間足です。

150730EURUSDH1

1時間足レベルでは、売りまっしぐらでした。

Weekly pivot手前のところで、サポートになりそうなローソクがあったので、

そこを最終ターゲットにしました。

 

15分足です。

150730EURUSDM15

15分レベルでの安値更新前のサポートだったゾーンに戻って来て、

下落を始めたので、ロールリバーサル狙いで売りました。

 

すぐに逆行したので、ストップ手前で半分のポジションを損切りしましたが、

最終的に下落していきました。

 

利食いも分割して、最後のポジションは最終ターゲットに到達しました。

ドンピシャのところでした。危ない。。

 

利食いの分割を研究中

 

現在、利食いの研究中です。

ストップとターゲットの比率が、1:1と1:2の分割をよくやっていたのですが、

もう少し細かく分割する利食いを研究しています。

 

今回損切りも少し細かくやりましたが、これはどうなんでしょうね。

まだ分かりません。

今回だけで言えば、本来のストップにはかからなかったので、

その分もっと取れていたなということですが、

本来のストップにかかってしまう場合は、

その手前でいくつか損切りをしておけば、損失は少なくなります。

 

要検証というところでしょうか。

 

今日は、USDJPYでデイトレしたほか、

先日から仕込んでおいたAUDUSDの半分のポジションと、

今日仕込んだUSDCADの一部が利食いとなりました。

ありがたいですね。

こちらはスイングトレードです。

 

残りはどうなるでしょうか。

よい例題となるようであれば、シェアしたいと思います。

 

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。
サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、
プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、
トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、
お話ししています。

もちろん無料ですので、是非ご登録下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

 - トレード日誌, プライスアクション