プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

Forextester2のやりすぎで、手が痛いです

   

こんにちは。rudwigです。

 

昨日の夜から、Forextester2を回して検証をしていました。

やりすぎて、右手が痛いです。

普段はMacを使っているのですが、Forextester2を使う為に、

windowsを買って使っているという(笑)

windowsはやっぱり使いにくいです。。

screen_00020

左の表のように、統計を出してくれるので、本当に助かります。

この検証だと、勝率5割割ってるし(笑)

でもなんとか勝ってますね。

 

僕はガリ勉だった

 

僕はもともと中学までガリ勉だったんです。

スポーツもやってはいて、運動神経も別に悪くはなかったんですが、

これだ!っていう好きなものもなかったので、

じゃあ勉強かな?ということで、かなり勉強していました。

ただ、勉強量の割には、ほんとのトップという訳ではなかったのが、

僕らしいなと思います(笑)

たぶん、そんなに頭が良くないんだと思います(笑)

 

で、世の中的には、いい高校に進んだところで、

今の職業との運命的な出会いがありまして、

それからは今の職業に就くべく、一直線で進んできました。

さすがに、大学の時に、周りが就職活動をし始めた時は、

少し心も揺れましたが(笑)

 

今の職業に就くために、高校から大学と修練を積み重ねてきて、

卒業後、なんとか今の職業を始めてからも、毎日学ぶ事だらけ。

 

で、やっとここ数年は自分の思うような仕事が出来ているかな?

という感じです。

今でも学ぶことは沢山ですけどね。

 

ただ、今思うと、今の仕事の為の修練の時間よりも、

中学時代にやっていた勉強時間の方が長いんですよね(笑)

携わっている年数が違うので、何とも言えないかもしれませんが、

中学3年の時の勉強量は、ハンパじゃなかったです。

日曜日とかは、12時間くらい勉強していましたからね(笑)

 

毎日1時間Forextester2で練習したら、どんな世界が開けるか?

 

で、本題なのですが、

果たして自分はFXに対して、どこまで時間を費やして、

デモトレードやリアルトレード、検証、修正をしているのか?ということです。

 

中学の時は、アホみたいに勉強して、なんとかいい高校に入った。

今の職業の為にも、めちゃめちゃ時間を費やして、いい仕事が出来ている。

 

で、FXは?ということです、結局。

もっと勝っていきたいなら、もっとやらなきゃいけないんじゃないの?

ということなんです。

 

別に苦労しないと勝てないとか、そんなことじゃありません。

そんな考えを持っていたら、逆に潜在意識的にはダメでしょうからね。

 

でも、楽して勝てるなんてことは、絶対に無い世界です。

だから、毎日少しでも時間を取って、

デモトレードやリアルトレード、検証、修正をするべきなんです。

人生を変えたいなら。

 

聖杯はありません。

ただひたすら数をこなすことです。

体が覚えるまで。

 

その為には、絶対にForextester2が必要です。

リアルトレードで数をこなすには限界があります。

 

毎日1時間ある特定の分野の本を読み続ければ、3年で、その分野の専門家になれる

アールナイチンゲール

 

結構時間かかりますね(笑)

でも、毎日1時間でも、30分でもForextester2でコツコツ練習をすれば、

どうなるでしょう?

チャートが違った形で見えて、勝てる日がやってくるはずです

 

その日まで、一緒にがんばりましょう。

Forextester2についての記事はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 - 学び