プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

もう一度シナリオが出来たものの、損切りです

      2016/03/13

こんにちは。rudwigです。

 

期待していたNZDUSDはゆっくり下落して、シナリオ通りにはなったのですが、

イマイチ動きが悪く、ストップを縮めて行った結果、損切りとなりました。

 

その後指標で上げて、元のストップでも損切りだったので、

よかったのかなと思います。

でも、また今またゆっくりと下げています。

イヤらしい動きです(笑)仕方ありません。

しばらくNZDUSDのチャートは見ないようにします(笑)

 

チャートを見てみましょう。

週足です。

150714NZDUSD-week

下げ一直線なのですが、先週久しぶりに陽線なんですよね。

今週は安値を更新してくるまで、調整なのかもしれませんね。

 

日足です。

150714NZDUSD-day

上昇にも勢いは感じられないんですけどねえ。。

 

4時間足です。

150714NZDUSD-4h

注目したローソク足の4本前の陰線以降、

そのまま下げてくれれば、すんなり行ったと思うんですけどね。

そのシナリオは崩れて、矢印のローソクがまた大きめの陰線。

下ヒゲも長めだったので、

買い圧力もややあるな、という感じでしたが。

 

で、矢印の次のローソクがクローズしたところで、

あ、これは下げるなとは思ったんですが、

一応矢印のローソクの安値を終値でブレイクしてくるまで待ち、

チャートに書いてあるところでエントリーしました。

 

ストップは、2本前のローソクの高値の上に設定。

 

エントリーの足がクローズしたところで、安値を切り下げてきてはいたので、

ストップをエントリーの前の足の高値の上に詰めておきました。

 

その後もみ合い、ストップにかかりました。

ま、仕方ありません。

 

さて、今日の指標で結構いいローソクが出て来た通貨があったので、

また監視していきたいと思います。

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。
サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、
プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、
トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、
お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講して下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

 - トレード日誌