プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

ものすごい動きにビビってしまいました

      2016/03/13

こんにちは。rudwigです。

 

シナリオが崩れたNZDUSDですが、

その後また大きめの陰線の包み足が出ましたね。

ただ、上ヒゲも下ヒゲも長く、売り買いが拮抗している感じがよく出ています。

次の足に注目ですね。

 

さて、その間に、CHFJPYをチェックしたら、あれ、これはイケるかも?ということで、

買いエントリーしてみました。

 

週足です。

150713CHFJPYweek

ここ3週は売りが続いていましたが、基本はまだ買いダウですね。

 

日足です。

150713CHFJPYday

先週末金曜日に、かなりの上昇を見せました。

5日分のローソクを飲み込む包み足です。

買いが入って来たかな?というところでしょうか。

 

4時間足です。

150713CHFJPY4h

一番左の矢印をつけた陽線で、買いが入って来たかな?と判断が出来ます。

チャートをもし見ていたら、

その7本前の陽線でも買いが入って来たかな?と判断したと思うんですが、

その後の動きを見ると、その陽線の安値を一回割られてます。

というわけで、一旦リセット。

で、矢印の陽線で、再度買いが来たかな?と判断出来ます。

 

今日ギャップダウンして始まりましたが、

4時間足では、大きい陽線で1本目を終えています。

次の足が、一旦下落したものの、陽線になったところで、買いエントリーしました。

結局その足は陰線で終わりましたが。

 

その後もみ合いましたが、15時半過ぎから急騰しました。

ものすごい勢いだったのですが、ターゲットに到達するちょっと前で、

16時を迎える事になりそうだったので、

半分を利食いし、半分を建値にストップをずらしました。

16時からは一旦利食い組が出て来て、おそらくちょっと戻すなと

思ったのです。

 

結局思った通り下落したのですが、予想以上に下落し、

半分は建値決済となりました。

 

現在はまたもみ合っていますね。

 

NZDUSDこのまま下落しないかなあ(笑)
プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。
サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、
プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、
トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、
お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講して下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

 

 

 - トレード日誌, ローソク足分析