プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

しっかり損切りとなりました

      2016/03/13

こんにちは。rudwigです。

 

買いポジションを持ったGBPUSDですが・・

はい、あえなく損切りとなりました。

 

エントリーはこんな。

150706GBPUSD-4h-entry

 

で、損切り。

150706GBPUSD-exit-day

4時間足で、かなり大きい陽線の包み足が出て、エントリーしたのですが、

残念ながら、安値更新してきましたので、ロスカットです。

 

フィボナッチ23.6くらいで戻るかなという気もしますが、

トレンドラインも割ってきましたので、売り圧力が強いですね。

明日までは様子見です。

 

さて、昨日の夜中に、逆指値しておいたNZDJPYが刺さっていました。

70pipsくらいの含み益がありますが、どうなるでしょうか?

こちらはまた追って。

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。
サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、
プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます。

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、
トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、
お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講して下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

 - トレード日誌