プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

強いトレンドの通貨を見つけてトレードする

      2016/03/13

こんにちは。rudwigです。

 

昨日の記事に書いたNZDUSDの売りポジションですが、

指値を入れておいたら、先ほど決済されていました。

80pipsくらいでしょうか。

めでたしめでたし。

 

昨日も載せましたが、週足

150701weekly

日足

150701day

そして、エントリーから決済までを載せた1時間足

150702NZDUSDH1

 

明日以降、プライスアクション基礎講座受講者限定で、

チャート解説の記事を書こうかな?と思っていますので、

興味があれば、是非受講して下さい。

もちろん無料です。

今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

トレンドが出ている通貨を見つけ、トレードすればいいのではないか?

最近はもっぱらUSDJPYとAUDUSDのスキャルピングをやっていたのですが、

レンジでストレスが溜まっていました。

よく分からない動きも多いですし。

何この動き?みたいな。

 

ということで、監視する通貨を増やし、

しかも日足とか週足レベルで、トレンドが出ている通貨を見つけ、

ハマるものがあれば、デイトレやスイングでトレードしようかな?と考えたのです。

 

で、昨日はNZDUSDの通貨をトレードした、というわけなのでした。

 

時間枠を広げると、もちろんストップも大きくなるのですが、

取れる値幅もスキャルとは全く比較にならないので、

費やした時間に対する利益という意味では、

デイトレやスイングの方が、効率はいいですね。

 

また、昨日からAUDNZDも監視していて、

自分の思っていた動きにはならなかったのですが、

高値を更新して来たので、先ほど買いでエントリーしてみました。

まあ打診買いという感じではあるのですが、どうなることやら。

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的には、あなたに利益をもたらします。

インジケーターではなく、是非自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

プライスアクションに興味はあるけれど、自分に学べるかが不安・・

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。

暑苦しく、いや熱く語っています(笑)

 

>コンテンツ一覧はこちら

 - トレードで大切なこと