プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

エントリー戦略3:ブレイクアウトのダマシ

      2015/07/05

こんにちは。

 

前回はエントリー戦略の「サポートで買い、レジスタンスで売る」のお話しをしましたが、

今回はブレイクアウトのダマシについてです。

 

サポートやレジスタンスをブレイクしたものの、

また元のゾーンに戻って来てしまった、というケースです。

 

ブレイクした後に、元のゾーンに戻って来てしまい、

ローソク足の形状から「弱さ」が見られた場合、エントリーします。

そのローソク足とは、やはりPin Barと包み足です。

 

チャートを見てみましょう。

AUDUSDの1時間足チャートです。

140720blog2

一番左の赤い矢印は前回のチャートで説明したローソクです。

 

その後プライスはWeekly pivot付近まで下落するものの、

再度4時間足で確認出来るSRゾーンまで上昇します。

そして、そのSRゾーンと黄緑色のライン:Weekly pivot R1を少しブレイクします。

 

しかし勢いを保てず、再度SRゾーンに戻って来てしまい、そのSRゾーンも下抜けてしまいます。

その後、反発上昇し、再度SRゾーンへ。

 

そして、やっと本題のチャート一番右の赤の矢印のローソクです。

長(笑)

 

SRゾーンの下限付近まで反発上昇してきましたが、その後高値を更新出来ずに、

ついに出ました包み足(笑)

一番右の赤い矢印の前の陰線のローソクです。

この包み足の安値をブレイクしたところで、売りエントリーです。

 

LCは直近のSwing low=赤い矢印のローソクの5本前の十字線のチョイ上、

TGは特にサポートが見当たらないので、Weekly pivot=青いライン、でしょうか。

リスクリワードを考えても悪くないと思います。

 

前回はサポートとレジスタンスをブレイクせずに反発したところを狙う方法、

今回はブレイクしたけれどもそれがダマシで、元のゾーンに戻って来たのを狙う方法なのですが、

個人的には別の戦略ではなくて、同じ括りの戦略かなあと思っています。

 

サポートとレジスタンスは、ゾーンで捉えるべきで、

結局はSRゾーン内だろうが、それを少し超えようが、

「弱さ」がローソク足の形状から発見されれば、

エントリーの準備をすることには変わりがないわけですから。

 

上のチャートでは、真ん中付近にも一つ赤い矢印があります。

これについては、また次回お話したいと思います。

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S
プライスアクションに興味はあるけれど、

「何から手をつけていいかわからない・・」

「自分一人で学べるかが不安・・」

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。
無料メルマガ登録はこちら

コンテンツ一覧はこちら

 - エントリー戦略