プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

エントリー戦略2:サポートで買い、レジスタンスで売る

      2015/07/05

こんにちは。

 

エントリー戦略の一番目

「サポートで買い、レジスタンスで売る」に基づく戦略です。

 

内容としては、

・サポートやレジスタンスまでプライスが近づいたものの、ブレイクする事が出来なかった

・少しブレイクしたものの、その後元のゾーンに戻って来てしまった

上のケースで、ローソク足の形状から、今まで進んでいた方向とは逆の「弱さ」が見られたら、

エントリーします。

 

この場合のサポート、レジスタンスとは、

・上位時間軸のチャートで確認されるサポート、レジスタンス

・各種Weekly pivot

です。

 

私の場合の現在の上位時間軸とは、

・執行時間軸が1時間足の場合は、4時間足

・執行時間軸が3分足の場合は、30分足、

です。

 

ローソク足の形状から確認出来る「弱さ」とは、

・Pin Bar

・包み足

が出現した場合のことを指します。

Pin Barか包み足が出現したら、そのローソク足の高値、安値を

次の足がブレイクしたらエントリーします。

 

私は、エントリーの足に関して言えば、終値ではなく、

前のローソク足の高値、安値をブレイクしたところでエントリーしています。

この場合は、成り行きでも、逆指値でもエントリー出来ます。

 

実際のチャートで見てみましょう。

AUDUSDの1時間足です。

140720 blog

 

一番上の水色のゾーンが4時間足で確認されるサポートレジスタンスゾーン(SRゾーン)です。

青いラインはWeekly pivotです。

 

チャート右側の方の赤い矢印が分かりますか?

直前までプライスが上昇して来ましたが、SRゾーンに突入した途端に、動きが鈍り、

矢印の前の陰線が包み足になっています。

その包み足の安値をブレイクした赤い矢印のローソクで売りエントリーです。

 

私であれば、

LCは包み足の前の足の高値のチョイ上、

TGはWeekly pivotですかね。

リスクリワードがギリギリ1:1くらいでしょうか。

微妙ですね(笑)

でもなんとかTGには到達したでしょう。

 

上のケースはSRゾーンをブレイク出来なかったケースです。

次回はSRゾーンをブレイクしたものの、その後元のゾーンに戻って来てしまったケースを

見てみたいと思います。

 

 

 

プライスアクション、ローソク足分析、ダウ理論によるシンプルなトレードが、

最終的にあなたに利益をもたらします。

お金は失ったら、なくなってしまいますが、

一度身につけたスキルは、あなたから一生消えることはありません。

焦ることなく、長い目でプライスアクションのスキルをじっくり学んでいきましょう。

そして、インジケーターではなく、自分の頭で考えるトレードをしていきましょう。

 

P.S
プライスアクションに興味はあるけれど、

「何から手をつけていいかわからない・・」

「自分一人で学べるかが不安・・」

そんなあなたはこちらの記事をご覧下さい。
無料メルマガ登録はこちら

コンテンツ一覧はこちら

 - エントリー戦略