プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

1時間足のダウ転換後の戻りを狙い、スキャルピング:2015/5/15

      2016/03/13

こんにちは。rudwigです。

 

先週の金曜日は、なかなかダウの同調が見られなかったので、

取引はなさそうだなあと思っていたら、

最後の最後にEURUSDとUSDJPYの1時間足がダウ転換し、

4時間足のダウと同調する動きを見せました。

 

その後、1分足で戻りを待ち、

1分足レベルもダウの同調を見せたUSDJPYを

スキャルピングしました。

 

ではチャートです。

4時間足です。

150515USDJPYH4

 

1時間足です。

150515USDJPYH1

 

1分足です。

150515USDJPYM1

詳しくはチャートに書いてあるので、見てみて下さい。

 

3.8pips獲得です。3.8pipsって!

少なって思いますが、スキャルですからね。いいんです。

週の最後の取引で、なんとか自分らしい取引が出来ました。

これでいいんです。

 

 

通貨との相性

 

USDJPYは大きい時間足では、ダウの動きがあるとはいえ、レンジなので、

本当は、大きい足でトレンドが出ているAUDUSDが好きですね。

 

EURUSDもトレンドが出ているんですけど、値動きが荒くて、

謎の動きをする時があるので、あんまり好きじゃないんですよねえ。

そうなると、やはりAUDUSDが今の自分には合っているようです。

 

そういった通貨の相性っていうのは絶対あると思います。

それも、自分の売買日誌からわかることです。

 

是非先週の取引を振り返ってみて下さいね。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

 - トレード日誌