プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

AUDUSDの相場環境認識2015/4/30

      2016/03/14

こんにちは。

 

EURUSDが大変な動きになっていますが、AUDUSDも大変な動きになりました。

 

先日の記事で「1/28につけた0.8024が次に目指すプライス」と書きましたが、

一気にそのプライスまで到達してしまいました。

 

昨日は0.8075付近まで上昇しましたが、上ヒゲを出し、下落。

今日も引き続き大きく下落しています。

 

チャートを見てみましょう。

日足です。

150430blogAUDUSDDaily

「2本前の大陽線の安値=0.7832付近を割るか」がポイントになります。

 

 

4時間足です。

150430blogAUDUSDH4

まだ買いダウではありますが、大きく下落しています。

 

1時間足です。

150430blogAUDUSDH1

1時間足レベルでは、既に売りダウに転換しています。

現在は、weekly pivotポイントで反発上昇していますが、どうなるでしょうか?

 

ポイントは、2日前の安値を割るかどうか

 

個人的には、今は4時間足と1時間足のダウが一致していないので、様子見という感じです。

先ほども言いましたが、

「2本前の日足の大陽線の安値=0.7832付近を割るか」が

大きなポイントになります。

 

昨日はチャートを全く見る事が出来ず、今日は16時台にチャートを見る事が出来たので、

AUDUSDはスルー、USDJPYを1回だけ売りスキャルしました。

5.5pipほど取りました。

 

その様子は明日時間が取れれば、プライスアクション基礎講座受講者限定で、

お送りしようかと思います。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

 - 相場環境認識