プライスアクションFX〜欧米機関投資家の視点から

サポートとレジスタンスでのプライスアクション、ローソク足分析に基づく欧米流のトレードを学びましょう。

*

AUDUSDが日足レベルで買いダウへ転換2015/4/28

      2016/03/14

こんにちは。

 

先ほど、AUDUSDが日足レベルで買いダウへ転換しました。

 

今日のプライスアクション基礎講座受講者向けのメールで、

「AUDUSDはweekly pivot=0.7781手前の0.7791付近で反発し始め、
最終的にはレジスタンスゾーンの上端の0.7841付近も超えて行きました。

その後、一旦下落しましたが、
レジスタンスゾーンでしっかりとロールリバーサルが確認され、
再度上昇しています。

weekly pivot R1と3/26に付けた0.7883付近が重なる為、
ここが次なるレジスタンスとなりますが、
そこを超えて行くと、
最終的には、3/24につけた0.7937付近を目指す動きになるのかな?
と思っています。
このポイントはまた、weekly pivot R2付近でもあります。」

と書いたのですが、あっさりと0.7937を超えて行きました。ちょっとびっくりです。

もう少しもみ合うかなと思ったのですが(笑)

 

0.7937は日足レベルでは、Swing highであるので、

ここをブレイクしたということは、買いダウへ転換ということになります。

 

日足チャートです。

150428blogAUDUSDDaily

次に目指すは、1/28につけた0.8024付近でしょうか。

一筋縄にはいかずに、戻りは入るでしょうけどね。

 

 

個人的には、このAUDUSDの動きはタイミング合わずで、取れず。。

というか、もう少し0.7937でもみ合うと思ったので、エントリーは控えていました。

 

今日は、アジア時間にUSDJPYで4pips、

ロンドン時間に入り同じくUSDJPYで損切り-4.7pips、

先ほどEURUSDで6.8pipsという成績でした。

スキャルなのに、エントリー数少なくない?と思われると思います。

実際少ないです。

 

でも、いいんです。

なるべく厳選してエントリーしたいと思っているし、

時間がある時にタイミングが合えばエントリー、って感じです。

 

ではまた。

 

P.S

現在、プライスアクション基礎講座を開講しています。

サポートレジスタンスの原理や、重要なローソク足、ダウ理論など、

プライスアクションに必要な知識を学ぶことが出来ます

そして、シンプルに相場を見ることが出来るようになります。

また、トレードの先にある、あなたに考えて欲しい世界についても、

お話ししています。

もちろん無料ですので、是非受講してみて下さい。
今すぐプライスアクション基礎講座について見てみる

 

 - ダウ理論, 相場環境認識